1986年、開幕当時の様子。
1986年のトゥインクルレース。

 1986年に国内初のナイター競馬として、大井競馬場で始まったトゥインクルレース。競馬ファンのみならず会社帰りのサラリーマンやOLにもアフター5のレジャーとして定着し、これまでのべ3600万人が訪れた。現在、大井競馬場来場者の約2割が女性で、競馬を女性にも身近なものにした一因を担っている。

重賞レース前には華やかなファンファーレが鳴る。
内馬場のイス型イルミネーション。

 そんなトゥインクルレースは今年で30周年を迎え、場内を彩る幻想的なイルミネーションをリニューアル。3月14日(月)に新しいパドックビジョンが設置され、7月31日(日)の「トゥインクルレースの日」には、バースデーイベントも実施される予定だ。さらに、今秋、昨年末で営業を終了した3号スタンドの跡地が多目的スペースとして誕生し、より大規模なグルメイベントなども行っていく予定だ。

 さらにロマンティックになるイルミネーションや、様々なグルメスポット、イベントなど、ファミリーで楽しめる新スポットとして人気を博しそうだ。

<トゥインクルレース2016年度開催概要>
場所:大井競馬場(東京都品川区勝島2-1-2)
期間:2016年4月4日(月)~12月31日(土)のうち72日
時間:14時ごろ~21時*レース発走時刻は開催日によって異なる。

*詳細はTCKオフィシャルホームページ(http://www.tokyocitykeiba.com/)へ。