春の新生活に向けて部屋を心機一転したいけど、何やら手をつけていいのやら…。そんな”インテリア初心者くん”に贈る、部屋作りの基礎”17のテクニック”をプロのインテリアスタイリストがレクチャー。どれも覚えておいて損はなし!

第1回はこちら!

第2回はこちら!

12【リモコン】置き場所をしっかり決めておくのが大人のマナー。

テーブルの上を雑然と見せてしまうリモコンやスマホ。見えているだけで生活感がハンパない。そんなときはブック型の収納ボックスがてっとり早い。最近、いろんなインテリアショップでお手頃価格で買えると、人気上昇中のアイテムだ。中が見えないうえに定位置も確保できる。なにより洋書のようなビジュアルでおしゃれ!こちら。ティッシュからリモコンまで机の上の小物類が全部このなかに!  

古い洋書風の見た目。フタを開けると収納スペースになっていて、そこにモノを入れだけ。常におしゃれでキレイさを保ってくれる。
ティッシュボックスからリモコン、小物類などがすべてなかに収納可。”ごちゃごちゃ”するものは”隠す”のがインテリアの基本。
【before】テレビやエアコンなどのリモコンやステーショナリーは、そこにあるだけでどうしてもゴチャゴチャして見える。

13【断捨離】「置き場に困った宝物」は思い出とともに箱にしまって♪

捨てるに捨てられないものは誰でもあるはず。そんなときは箱をひとつ用意しよう。この先も要るか要らないか選別し、大切なものだけをその箱に入れて保管するのだ。ここで重要なのは“箱をひとつ”と決めること。箱を増やすと収集がつかなくなり、元も子もない。ひとつの箱がキャパオーバーするなら断捨離する勇気を持て!

バンカーズボックスと言われるダンボール素材の箱がおすすめ。木目調のものなどおしゃれなものも多数。
この箱に入らない分量のものは捨てる! そう決めておくと”いるいらない”がしやすいので、断捨離がスムーズに進むはず。