「一生に一度は使ってみたい」「一生モノのこだわりの商品を手に入れたい」ーー。そんな気持ちを抱かせてくれる、究極の優れモノ。シリーズ「メイド•イン•東京の名品図鑑」では、一個人のこだわり読者に、職人技が詰まった、東京生まれの名品を紹介します。
第7回は、「グレン•クライド」の「靴下」です。
 

 

最高級コットンを起用した世界でも珍しい靴下

 「グレン・クライド」は、文京区根津にある靴下の会社。

 自社ブランドの「グレン・クライド」は、世界でも最高級とされるシーアイランドコットンを素材に用いる。シーアイランドコットンは超長綿の中でも特に繊維が長く、とても柔らかい肌触りと上品な光沢感が持ち味だ。「これをカジュアルソックスに起用しているのは、グレン・クライドを含めて世界でも2社だけです」とは、創業者の橋本満さん。

 

写真の靴下は、その希少価値の高いシーアイランドコットンを使用した「グレン・クライドの靴下」で、2800円(税別)。

 

手間と時間をかけて作り込んだ「チュプ」

 また、チュプの靴下2000円(写真上、税別)も話題を集める。

「チュプ」は、世界各地の先住民族の文化から着想した柄で勝負するブランド。その柄が複雑すぎて生産効率が通常の半分から3分の1程度に落ちてしまうほどだが、手間と時間をかけて作り込んでいる。J.クルーが米国の全店で販売するなど、海外でも高評価だ。

 


 シンプルな見た目の中で丈夫さと履きやすさを追求しているのが「アンドライフ ソックス」で1800円(写真上、税別)。伸縮性を出すための裏糸の入れ方に工夫があり、驚くほど弾力性がある。


 どのブランドも、つま先部分は職人がひと目ひと目を合わせて縫製するハンドリンキングにこだわっている。

 

グレン・クライドの「靴下」
住東京都文京区根津2-35-2 
☎03-3823-7631