足元をビシッと決めれば、それだけでコーディネイトにもハクがつくというもの。一世を風靡し、今もなおその威厳を保ち続ける名作ならなおさらで、その堂々たる佇まいはきっと我々の強い味方になるだろう。ここでは、大人の男ならば持っておくべき名ブランドの“顔”たちを厳選。その魅力を余すことなくお伝えしよう。

 

〈ウエスコ〉の

レースアップブーツ

同ブランドの代表的モデルであるジョブマスター。そのバンプとカウンターはそれぞれ二枚革で構成されている。

 

英国の屈強なタフマンが頼りにする名パートナー

 ウエスコの創始者、ジョン・ヘンリー・シューメイカーは、世界一の材木量を誇っていたミシガン州ザグナーで靴作りを学び、その後複数のシューカンパニーを経て独立を果たす。そんな彼が作り出す靴の核は、自身の礎ともいえるロッガーのための靴。ウエスコの長所であるタフさは、そんな彼の信念から来ている。