海軍には奇人、変人などと呼ばれる人物がいるが、神重徳大佐はその名の通り「神がかった」言動をすることがあり、天才肌でありながら唯我独尊的な性格の持ち主であったようだ。ドイツ駐在中にヒトラーに心酔し、三国同盟の締結、対米開戦を強く主張したことでも知られる。口髭もヒトラーを真似たものと言われる。作戦立案にあたっては猪突猛進という言葉を連想させるものがある。昭和17年(1942)7月8日の第1次ソロモン海戦では、第8艦隊司令部参謀として作戦を立案し、指揮を執った。神は敵艦へ夜間攻撃を実施したが、これを「なぐりこみ」と表現している。

 翌18年7月29日のキスカ島の陸・海軍守備隊約5200人の全員撤退にあたっては、第5艦隊の軽巡洋艦「多摩」艦長として、艦隊司令長官の河瀬四郎中将に対して「早期突入」を進言するなど作戦の成功に導いた。