足元をビシッと決めれば、それだけでコーディネイトにもハクがつくというもの。一世を風靡し、今もなおその威厳を保ち続ける名作ならなおさらで、その堂々たる佇まいはきっと我々の強い味方になるだろう。ここでは、大人の男ならば持っておくべき名ブランドの“顔”たちを厳選。その魅力を余すことなくお伝えしよう。

 

〈フット ザ コーチャー〉の

メダリオンブーツ

1900年代の始めに作られていた華やかなドレスシューズをオマージュしてデザイン。そのレザーはステアハイドで。

 

過去と今の融合が“粋”な世界に誇るシューブランド

 今や日本を代表する革靴ブランドへと成長を遂げたフット ザ コーチャー。そのデザインを手掛けるのは、ジョージコックスでデザインを担い、トリッカーズのオーダーメイドラインにもになった竹ケ原敏之介氏。