〇図解だから、よくわかる「武器」の日本史


〇日本の武器・武具を完全網羅! 刀、棒、槍、弓、投石具、鉄砲、捕物道具、忍具、鎧兜……etc.

〇歴史・時代小説ファン必読の完全保存版

 

本書は日本人が古代から近世までの実戦で使用した武器を集め、その形状、機能、用途、威力などを紹介しています。

図解とともに武器カタログとして楽しんでもらえれば幸いです。

また、日本の武器は、世界的に見てもかなり個性的な発展をしてきたといわれています。

そんな独自の発展の歴史を眺めると、単なる戦いの道具を超えた精神性、芸術性というものが強く感じられてきます。

それは日本的な精神風土や感性と密接につながってくるのです。

そんな〝武器の日本史〟という部分も同時に楽しんでください。
 

■武器がわかれは日本史もよりわかる!

■金砕棒(かなさいぼう)? 毛抜形太刀(けぬきがたたち)? 飄石(ふりずんばい)? 鼻捻(はなねじ)!? 多様極まる日本の武器!!
 

◆日本最古の長柄武器―――鉾【ほこ】

◆「鬼に金棒」持っている武器の名は―――金砕棒【かなさいぼう】

◆彎【あん】刀形式の日本刀の始まり―――毛抜形太刀【けぬきがたたち】

◆水軍の船戦【ふないくさ】で大活躍―――熊手【くまで】

◆警察官の警棒の元祖―――鼻捻【はなねじ】

◆200メートルも飛んだ!投石補助具―――飄石【ふりずんばい】

◆軽く軽量のピストル型火縄銃―――馬上筒【ばじょうづつ】

◆関が原や大坂の陣で活躍!!―――鍵槍【かぎやり】
 

第1章 打ち・叩き・割る武器

第2章 突き刺し・薙ぎ斬る武器

第3章 刃で斬り・切っ先で突く武器

第4章 投げつける武器

第5章 発射装置で矢を射る武器

第6章 火薬で弾丸を撃ち込む武器

第7章 忍具―忍術に用いる武器と道具

第8章 捕物道具―犯罪者を取り押える用具

第9章 鎧兜―防具のかたちと変遷

【判型・頁数】文庫 本文276P 【発行日】2月20日

【定価】704円+税【ISBN】978-458439389-5

刀武器 刀武器
日本 武器武具事典pop 日本 武器武具事典pop
日本 武器武具事典pop4面 日本 武器武具事典pop4面