《連載書き下ろし再開予告》
森博嗣『道なき未知』は、月刊誌『CIRCUS』で2012年より連載第1回がスタート。第11回まで原稿は掲載されましたが、『CIRCUS』休刊に伴い連載は休止。執筆済の第12回の原稿は未公開。今回これまでの連載原稿を順次再録し、第13回からは著者が新たに書き下ろしいたします。
 

 

第5回 

時間の作り方

 

時間ほど貴重なものはない

 

 タイム・イズ・マネーという言葉があるが、とんでもない。金よりも時間の方がはるかに大切だ。金は作ることができるが、時間は最初に与えられたものから減る一方である。有効に使っても無駄に使っても、とにかく減る。ようするに、時間は「使わない」ことができないのだ。本当にどうしようもない、と思いがちだけれど、しかし、ある程度なら「やりくり」できる。

 簡単なことだが、無駄な時間をできるかぎり減らす、ということしかない。これは口で言うのは簡単だ。誰でも知っている。ぐだぐだとしただらしない人間でも、「ああ、無駄な時間を過ごしてしまったな」と自覚するくらいはできるものだ。それなのに、なんとなく、なにもしないまま時間が過ぎてしまう。

 やりたくないことが目の前にあると、腰が重くなって、無駄な時間を過ごしがちになる。逆に、どうしてもやりたいことがある人間は、なんとか時間をやりくりして、それをしようと努力する。努力しているつもりさえない。自然に積極的になっている。それこそ、寝る間も惜しんで、という状態だ。

 ところで、徹夜をして仕事や勉強をする人がいるけれど、そのあと、ぼうっとして調子が悪いとか、普段よりも余計に寝たりするから、これでは元も子もない。頑張りすぎて、体調を崩し、寝込んでしまったりすると、トータルとして時間を無駄にする。大事なことは、この「トータル」なのである。瞬発的に無理をするよりも、長い目で見て、無駄のない道を選んだ方が良いと思う。

 

無駄な時間とは何か?

 

 一言でいえば、自分の意志に反している時間が「無駄」である。たとえば、特別に見たくもないテレビを見てしまったとか、それほど話したくもない人と長話をしてしまったとか、飲みたくもない酒を飲んだとかだ。あとから考えて「あれは無駄だったな」とわかるものである。経験を重ねると、その場ですぐわかるようになる。しかし、きっぱりとはなかなか振り切れない。「私は意志が弱いんです」なんて言う人がいるけれど、そういうことが言えるのは、そうとう意志が強い人だと僕は感じる。そもそも、これは意志の問題ではなく、考え方、生き方、つまり「あなたの方針」の問題なのだ。意志が弱いなんて、あたかも「躰が弱い」というような責任転嫁をしてはいけない。

 そうそう、「躰が弱い」せいにする人も多いのだ。躰が弱かったら、弱いなりにもっと考えたらどうなのか。急に弱くなったわけではなく、自分の躰なのだから、体力に見合った計画を立てるべきではないか。

 たとえばの話だが、友達と話をするのをやめて、酒を飲むのをやめて、テレビを見るのをやめたら、ほとんどの人がけっこうな時間を手に入れることができるだろう。僕は、この三つはだいぶまえにやめた。どうしてかというと、躰が弱かったからだ。みんなよりも、ゆっくりとしたペースでしか仕事ができない。だから、無駄なことをしないで、時間を捻出する必要があった。

 そうして捻出した時間で新しいことが沢山できた。ずいぶん沢山のものを得た。

 金を投資するよりは、時間を投資した方がずっと割が良い、ということに気づいてほしい。

 

出歩かない生活

 

 この頃、僕はあまり出歩かなくなった。ドライブが好きだから、車を運転したいときは出かけるけれど、どこかへ行くわけではない。買いものは、ほとんど通販で足りてしまうし、友人とのコミュニケーションもネットで充分だ。人が大勢いるところへ出ていくことも、店に入ることも、人と話をすることも、滅多にない。そういう時間が、全部自分一人のものになるから、自分の楽しみにすべて使っている。

 それでもやりたいことが沢山あって、つぎからつぎへと楽しいことを思いついてしまう。楽しさというのはそういうもので、楽しんでいるほど、もっと楽しいことを発想してしまう。だから、雪だるま式に楽しくなるのである。

 これを書いているのは2月だけど、雪だるまといえば、最近積雪があって、庭が雪景色になった。正月でも帰ってこない子供たちが、仕事を休んで遊びにきた。カマクラや雪だるまはもちろん、ソリですべるスロープも作って遊んだ。犬も大喜びで走り回る。気温は氷点下10度以下になるけれど、ほとんど毎日が晴天で日差しは暖かい。野鳥も沢山いるし、リスも走り回っている。

 正月も祭日も仕事をして、雪が降る日のために前倒しでノルマを片づけておけば、こういう休み方ができる。時間は自分のものなのだ。

 

庭園鉄道に除雪車登場。もちろん全部自作です。 もっと見たい人は「ロータリィ除雪車」で検索。