乗ること自体が旅行の目的になる観光列車。その魅力は、絶景を望む車窓から、贅を尽くした食事、快適さを追求した車内空間、古き良きレトロ列車など、各路線でさまざまだ。全国の観光列車をエリア別でご紹介する。

 

ストーブ列車

津軽鉄道(津軽中里~津軽五所川原)

車両に置かれたダルマストーブを囲みながら、津軽弁のアテンドさんと温かい交流ができる。

 

撮影/伊藤岳志

リゾートしらかみ

五能線など(弘前・青森~秋田)

白神山地の麓や奇岩に打ち寄せる波、断崖絶壁など、四季折々の幻想的景観が堪能できる。

 

 

リゾートあすなろ下北

津軽線・大湊線(新青森・八戸~大湊)

展望室には眺望用の腰掛やソファーを設置する。他にリゾートあすなろ竜飛・八戸もある。

 

 

TOHOKU EMOTION

八戸線(八戸~久慈)

車両全体がレストランとなった列車で東北の食材を使った料理が眺望とともに楽しめる。

 

 

リゾートうみねこ

八戸線(八戸~久慈)

海と空、太陽をイメージした車両が特徴。大きな窓と回転式の座席から太平洋が望める。