前回「あくまで僕の考えですけど『チームのために』という意識が強すぎるように思います」と語ってくれた上原投手。その真意とは? 本当のチームプレーはどうやって作られるのか、その本質をつく提言。

「監督を男にしたい」は逃げ道

 

――前回うかがった「チームのために」という意識が強いというお話です。自分のためにやることがチームプレーだ、ということについてお聞かせ下さい。

何度も言いますけど、これはあくまで僕がそう考えてやってきた、ということです。

例えば、同級生の(高橋)由伸が監督になってから、選手が「監督を男にしたい」ということをよく言っているのを耳にしました。この「監督を男にしたい」という言葉ってよく聞きますよね。もちろんその考えはすごく共感できるし、実際そういう思いもあります。でも、僕はその前にまず自分が男になること、を考えます。

――裏返すと、そう言う選手たちにも「監督を男にする前に自分が男になれ」と思う?

そうです。

結局まず自分が頑張らないとチームのためにもならないんです。自分ががんばること、それは自分のためであるけど、それはチームのためになるはずです。

――チームのためが優先するのはおかしい。

おかしいとまでは言わないですけど、僕はそうは考えない。
まず自分のために一生懸命やる。これが優先順位なわけです。それでいい成績を収めることができれば、それは結果としてチームのためになっていますよね? 
だから考える順番としてチームのためにやる、という言葉が出てくる選手というのは自分に対する逃げ道を作っているのではないか、と思ってしまう。

だから僕はまず、自分のためにやるんです。

次のページ 自分のためにやることはチームのためになる