滝口ひかり(たきぐち・ひかり)
1994年9月20日生、千葉県出身。友達に誘われて参加したファッション誌のスナップがきっかけで、ツインテール協会会長にスカウトされてデビュー。アイドルユニット「drop」のメンバーとして活動する。『人生が変わる1分間の深イイ話』では、六畳一間で暮らす家族とともに出演(写真/井上太郎)

 ツインテール協会プロデュースのアイドルユニット「drop」メンバーとして活動する滝口ひかりサン。昨年加入するや、「2千年に一人の美少女」としてネットを中心に話題に!

「『2千年に1人』と言われるのは嬉しい反面、気まずいです…。芸能界には、私よりカワイイ人がたくさんいるじゃないですか。この間、石原さとみさんにお会いする機会があったんですけど、それこそメチャクチャ美人なんですよ!」

 そう恐縮するが、カメラの前で微笑む姿は、まぎれもなく美少女のそれ。デビューしてからまだ1年あまり。環境の変 化に戸惑うことはないだろうか?

「デビューするまでの19年間、ホントに普通の生活を送っていたので、まだ『自分が芸能人だ』というのを受け入れられてない部分があるんですね。でも、ライブで踊る私の姿を見た父が『ひかりは人前に立って、楽しめる天性がある』と言ってくれたんです。その言葉を聞いて、このお仕事が向いているのかもと思えるようになりました。今、こうして活動で きるのも家族の協力のおかげです」

 そんな彼女に今年の目標を聞いてみた。

「写真を撮られるのが大好きなので、今年はもっといろんな雑誌の撮影をしてみたいです。あとは、dropのメンバー全員でテレビに出たいです!」

dropでの滝口サンの担当カラーは青。また、グループ内では三女の天然妹キャラで通っている。