3月14日は、ホワイトデー。そろそろお返しを考えなくては…と、頭を抱えている男性陣も多いのでは? 今回『Men's JOKER』編集部が、 ファッション業界人を中心に”ホワイトデー”に対する女性のホンネをリサーチ。リアルにもらってうれしかったモノや、微妙だったモノ。実際に期待している金額など、これからお返しを買う人に役立つ女子目線の㊙情報を解禁!

Q2 ホワイトデーのお返しで、妥当だと思う金額はいくら?

 

 前回の記事で「ホワイトデーでは本命・義理問わず、きちんとお返ししたほうが良い」という結論が出た。しかし、ではいったいどの価格帯のものを”返す”べきだろうか。ちまたでは”バレンタインデーの3倍返し”ということも言われているが、それでは腑に落ちない男性も多いのではないだろうか? そもそも女性陣がくれたチョコの相場はどのくらいなのかという疑問もあるはず。

そこで、ずばり、女性が考える「ホワイトデーのお返し適正価格」を聞いてみた。

さて、上記のグラフが表しているように、今回調査に協力してくれた女性の半数近くが1000円から3000円くらいを支持。ちなみに、さらにその中の半数は「1000円くらいがいい」と回答している。

「1000円~2000円。バレンタインにかけたのと同額なので」(24歳 PR)
「1000円~2000円くらい。気軽に受け取れるから」(25歳 プレスアシスタント)
「1000円~2000円。高めのお菓子の値段がそのくらいのような気がする」(PRアシスタント)
「2000円くらい。記念日というよりは節分のような軽いイベントだと思うので」(29歳 会社員)
「2000円前後。気持ちが大切なので、ちょっとしたもので問題ない」(28歳 広報)

本命でも義理でも、お互いに気を遣わなくて済む金額がこのくらいだという考えが多い。たしかに、チョコやスイーツで考えると、1000円という価格帯はやや高くさえ感じるが、軽くランチをごちそうするくらいだと思えば「日ごろの感謝の気持ちを伝える」という目的のイベントとしてはちょうどいい価格帯だ。