カシャカシャってきましたか!

……同じでした。

  そんなー……。

泣きながら「5年後でもダメだったか」と。また“悔しさ貯金”ですよ(笑)。

  ジャンルの違う歌手とかアイドルの人にも、そういう妬みというか悔しさってあるものなんですか?

妬みっていうんじゃないんですよ。悔しいっていうのは、自分の不甲斐なさにだよね。腹立たしいというかね。「オレも何年もやってるのに、何なんだこの差は?」って。自分に腹が立つワケですよ。

  関根さんってずっと順風満帆で来てるような印象なんですけど……。

一応テレビには出てたんですよね。『カックラキン大放送』には出てたし、『徹子の部屋』もすぐ出たしね。そういう意味では恵まれていたんですけども、全然こう、前へ進むことができないっていうかね。当時はバラエティ番組も少なかったんで、しょうがなかったと思うんですけど。足踏み状態みたいのを自分で感じてましたよね。だから、若手時代は“悔しさ貯金”は、すごく貯まりましたね。「今に見てろよー!」っていうのが原動力でしたね。


明日は「Q13.芸人人生における重要な出会いについて教えてください」です。