武田玲奈(たけだ・れな)
1997年7月27日生まれ、福島県出身。13年「第2のくみっきー!発掘オーディション」でグランプリを受賞しデビュー。『Popteen』でレギュラーモデルを務めるかたわら、グラビアに挑戦し注目を集める。映画『暗殺教室~卒業編~』(3月25日公開)『オオカミ少女と黒王子』(5月28日公開)にも出演(写真/中田智章)

「去年一年は特に演技のお仕事をいただく機会が多かったです。表情とか感情の出し方とか、課題はまだまだいっぱいありますね」

 本人が特に印象的だったというのは、ドラマ『監獄学園~プリズンスクール~』への出演。第一話から脱衣所で下着姿になるなど、体当たりの演技が話題に。

「まわりの方からの反響は『監獄学園』が一番でした。飛行機に乗ったとき、税関の方から『監獄のコですよね?』と言われたくらいです(笑)」

 本誌取材日の武田サンはドラマの頃よりもかなり髪が短くなった印象。これは3月に発売される写真集に合わせて切ったのだという。

「写真集のなかに髪を切るシーンの写真も入れてもらいました。故郷の福島でもロケをしていただいて、母校やよく通っていた公園で撮影しているんですよ。久々に福島に帰れてうれしかったなぁ。やっぱり、ホームって感じで」

 出演映画『暗殺教室~卒業編~』の公開も間近。そんな武田サンの今年の目標は?

「新しいジャンルに挑戦するというよりも、今までやってきたモデルや演技のお仕事を磨き上げて何段階もグレードアップさせたいです!」

 

武田サンが「ずっと出演したかったんです!」というポッキーのCMでも活躍中。バスケ部男子に恋する女子高生役を熱演。