こんにちは。

水泳インストラクターの内村です。

50代男性の身体的特徴の一つに、

「猫背」というのがあります。

猫背は見た目も少し元気がないような印象を受けますが、

身体の機能面から言うと、呼吸と関係が深いと言われています。

猫背は、肩甲骨が左右に広がり、肩が前に突き出した姿勢です。

こうなると、まず、鳥かご状の肋骨が下に下垂し、隙間も狭くなり、

肺を圧迫します。

こうなると、深い呼吸がしにくくなるわけです。。


最近しょっちゅうあくびが出る!

なんていう方は、要注意です。

あくびは、脳が酸素を欲しているサインですから、

もしかしたら猫背を改善するだけで、仕事の効率が上がるかもしれませんよ!


では、この猫背改善にはどんな動きが良いのでしょうか?

それはズバリ、腕の後ろ回しなのです!


早速やってみましょう!

まずは、猫背のまま深呼吸をしてみます。

その時の身体の空気の入り方を覚えておきます。


次に片方の腕を後ろにゆっくり3回まわし、

最後に真上に持ち上げて止めます。

そして、再び深呼吸をしてみる。

すると、腕を持ち上げた側の肺に、スーっと空気が入ってくるのがわかります。

まさにこれが背泳ぎの腕の動き。

つまり、背泳ぎは猫背改善&呼吸の改善に最適な泳ぎなのです。

早速次回の続きをいきましょう。

今回は、背泳ぎキックに腕の動きをつけた

タッチアップ背泳ぎをご紹介します。

1)

両腕を真っ直ぐ伸ばして、バンザイ姿勢でキックをします。

 

キックは膝を伸ばして細かく打ちます。

目線はしっかりと真上を見ます。

呼吸は鼻から「ン〜」と息を吐き、

口から「ハ〜」と息を吸います。

背キックをしながら、

「ン〜ハ〜、ン〜ハ〜、、、」と連続して呼吸をします。

2)

左腕を伸ばしたまま、右手を回してみます。

 

この時、右の手の平は水面下20センチ程度の深さのところをかきます。

同時に鼻から息を「ン〜」。

腕を戻すときは指先を天井に真っ直ぐ伸ばします。

左手は水面付近を常にキープ。

 

右腕が空中を戻ってくる間に、口から「ハ〜」と息を吸います。

3)

一度、バンザイ姿勢に戻ります。

毎回この姿勢に戻ると、覚えてください。

 

水中から見ると、このようにバンザイ姿勢になっています。

 


4)

左腕も同様に回します。

水中をかくときに鼻から「ン〜」と吐き、

腕が空中を戻ってくる間に口から「ハ〜」と息を吸います。

 

右腕は動かないようにしっかり水面をキープ。

 

 

4)

再び、バンザイ姿勢に戻ります。

 

『腕が水中をかくときに「ン〜」と吐き、

腕が空中を戻るとき「ハ〜」と吸う。』

このように覚えます。


これができるようになったら、

毎回バンザイ姿勢になる場面を少しずつ短くしていき、

最終的には、空中を戻してきた腕が着水する直前に

反対側の腕で水をかきはじめるタイミングに近づけていきます。


こうなると、本来の腕の連続動作で泳ぐ背泳ぎになっていきます。

それでは、皆さん、タッチアップ背泳ぎで腕の動きをマスターし、

同時に猫背解消も頑張ってみてください!

普段の立ち姿勢もシャキッとすること間違いなしですよ〜(^^)!

それでは、次回もどうぞお楽しみに♪