「テレビ東京が、ゲバラで取材したいってか・・・なんで?」

「店長、いまミュージックシーンではレイジ・アゲンスト・ザ・マシーンってバンドが、ゲバラをイコンにして世界中で盛り上がっているんですよ」

と、すかさずバイトの鈴木くんからアドバイス。

ありがたいな、多彩なバイトくんが多いということはブレーン=脳が豊富にあることだからさ、スタッフ=ブレーンの知恵をいかに傾聴するかだ。

海風書房さんとのご縁から、ゲバラ・グッズを仕入れてミニ・コーナーを作っていた。文庫の『ゲバラ日記』が売れているのは知っていたけど、フェアにしたのは個人的趣味。

アメリカに支配されていたキューバを、カストロと共に武力革命で解放したチェ・ゲバラ。さらに中米も解放しようとボリビアで戦ったが、政府軍に捕えられて射殺されちまった。

キューバで高官の地位にとどまらず、戦い続けたゲバラの正義感は若者に共感を与え続けているのだろう。それが、高円寺ではウケてしまう。

ゲバラの手紙と、バッジやキーホルダーにポストカードを仕入れ関連書と共に並べてみた。そして、欠かせないのがTシャツ!

取材にやって来たのは『トゥナイト2』の美人レポーター。付け加えると、可愛い!

こんな美人に取材されるなんて、最高の店長仕事ってウッキウキ!

「店長さん、テレビカメラに緊張されませんね?」

「はい、何回か経験して慣れてきました」

ウィットもユーモアもないコメントが、最低な自分。

「テレビで観るより美人なんで、緊張しています」なんて言えなかった・・・・

Tシャツを見つけた彼女「これを着てレポートさせてくれますか?」いいに決まっているでしょ! 

事務所に案内して、ドッキドキ。

ゲバラコーナーには文庫と一緒に、バッジやキーホルダーも。

「ケケケ、内山くん。ドア一枚向こうでTシャツに着替えとると」

「店長、完璧にニヤケとるばい。ゲバラの手紙、紹介を忘れんとって」

事務所のドアを開けて出てきた彼女、黄色地のゲバTが眩しいじゃないか! その後の記憶、ない・・・

 

「明日を考えると、さすがに緊張するな!」

「2試合連続のエキサイティング・ゲームばい」

「3試合目でダブルヘッダーってさ、バカだろぉ・・・・」

 

 

 
 
 

 

 

 

 

*本連載は、毎週木曜日に更新予定です。お楽しみに!【バックナンバー
*本連載に関するご意見・ご要望は「kkbest.books■gmail.com」までお送りください(■を@に変えてください)