武田信玄像
覇王信長が最も恐れた武将・武田信玄。将軍足利義昭の求めに応じて上洛の軍を起こすが、その途上病に冒され、死の床につく。戦国きっての名将が、武田家の行く末を案じて遺した遺言には、乱世を生き抜く知恵が隠されていた――。

将軍足利義昭の求めに応じ、本願寺や浅倉・浅井氏などと連携して信長を討滅するために、上洛の軍を興(おこ)した武田信玄は、遠江(とおとうみ)三方ヶ原で家康軍を粉砕し、無敵の強さを誇示した。しかし姫街道(ひめかいどう)を西進し、三河野田(みかわのだじょう)城を陥れてから、武田軍の動きが止まった。信玄が病んだからである。

野田城で四花(しか)の灸をすえ、種々の薬を飲んで、一時は快方に向かうかに見えたが、結局、病状が悪化したため、要害の地である長篠城(ながしのじょう)に移って、養生をした。

だが、滞在1カ月、口内にデキモノができ、歯が5、6本抜けて、一気に衰弱する。53歳の信玄はさすがにわが身の最期を悟った。この時、胃がん、もしくは結核に冒されていたとされる。(続く)

 

文/楠戸義昭(くすど よしあき)

1940年和歌山県生まれ。毎日新聞社学芸部編集委員を経て、歴史作家に。主な著書に『戦国武将名言録』(PHP文庫)、『戦国名将・知将・梟将の至言』(学研M文庫)、『女たちの戦国』(アスキー新書)など多数。