武田信玄像
覇王信長が最も恐れた武将・武田信玄。将軍足利義昭の求めに応じて上洛の軍を起こすが、その途上病に冒され、死の床につく。戦国きっての名将が、武田家の行く末を案じて遺した遺言には、乱世を生き抜く知恵が隠されていた――。

 

ことに自分が最も頼りとする一族の典厩信豊(てんきゅうのぶとよ、信玄の甥)と穴山信君(あなやまのぶきみ、母が信玄の姉)は、陣代となる勝頼を屋形のように盛り立て、万事を執り行い、信勝を信玄のように重んじて欲しいと遺言した。

信玄はなぜこうして生死を偽装したのか。勝頼は本来の跡継ぎではなく、主従が一体となって敵に立ち向かう体制に弱点があったのだ。しかも、周囲を信長・家康の新興勢力と、上杉謙信や北条氏といった永年の宿敵に囲まれて、非力な勝頼では乗り切れないと心配したからだった。

信玄が後事を託した息子は勝頼であった。勝頼は四男である。彼は武田氏の息子が名乗る「信」の一字を持たない。なぜなら、信玄が殺した諏訪頼重(すわよりしげ)の娘・諏訪御料人が産んだ子だからである。(続く)

 

文/楠戸義昭(くすど よしあき)

1940年和歌山県生まれ。毎日新聞社学芸部編集委員を経て、歴史作家に。主な著書に『戦国武将名言録』(PHP文庫)、『戦国名将・知将・梟将の至言』(学研M文庫)、『女たちの戦国』(アスキー新書)など多数。