幸福とは何か? 人それぞれ、幸福だと思うことは違うだろう。長らく芸能界のトップで活躍し成功者とも言える関根さんにとって、幸福とは一体、何なのだろうか?

ゴルフをやっているときが幸せ

  関根さんが思う、幸福って何ですか?

幸福ねー。何なんでしょうね、幸福。やっぱり、生きがいがあるってことじゃないですか。

  生きがいがあるって、すごくいいですね。関根さんの生きがいは、何ですか?

やっぱり孫の成長ね。あと、仕事も楽しいし、ゴルフも楽しいんですよ、今。

  孫が生まれて、それが生きがいだなんて最高ですね。それに加え、趣味であるゴルフが生きがいだなんて、羨ましいです。最近は、趣味がないっていう人も多いですからね。

ボクは、ゴルフ人生において、テクノロジーの進化の恩恵を一番受けてる世代なんですよ。ボクが始めた頃は、スチールシャフトしかなかったんですよね。ヘッドも木だったから、重いんですよ。ボールも糸巻きで、全然飛ばないんですよ。ところが、21歳だったから、今よりも力があったんで飛ばせてたんですよね。それから年を取ると、どんどん力が落ちてきたんですよ。1年に3パーセントずつくらい落ちてくる。

  体力の衰えは、どうしようもないですからね。体力が落ちるとゴルフもきつくなるんじゃないですか?

それが、落ちてきたなーと思った頃に、今度はカーボンシャフトが開発されて、クラブが軽くなってきたんですよ。軽いと、今度は、ヘッドを重くできるんですよ。さらに力が落ちた頃に、今度は金属ヘッドが出てきたんですよ。そのあとに、チタンができたんですよ。体力は落ちてきたけど、テクノロジーはどんどん上がってくるから、ボクはずっと同じ感じでゴルフをやってこられたんです。もちろん、体は疲れますよ。疲れるし、次の日マッサージやんなきゃダメだけど、同じように同じコースで楽しめるんです。

  今も20代の頃と変わらず楽しめるっていいですね!

そう。だから、今からゴルフを始める20代の人はかわいそうだと思う。最初がバンバン飛ぶから、どんどん飛ばなくなるから。でも、またテクノロジーが上がっていくのかな?

  さらにすごいのが開発されるかもしれませんね。

やっぱり、趣味としておすすめするならゴルフかなあ。ボクほどじゃないけど、テクノロジーの恩恵にはちゃんとあずかることができるから。今、ゴルフ本当にいいですよ。ボールは止まっているから、特別な反射神経はいらないしね。年とってもできるし。身をもって進化を感じながらゴルフができたボクは幸福でしたね。


明日は最後の質問!「Q.30 愛妻家の関根さんですが、夫婦円満の秘訣を教えてください」です。