野球ファンにはすっかり定着した「カープ女子」
どちらかというと「お父さんのスポーツ」のように思われていたプロ野球界にとっては、頼もしい存在の彼女たちだけれど……実際、カープの、プロ野球のどんなところを見ているの? 
ということで、カープ女子・古田ちさこさんによる2016年、カープの見どころ!

カープの試合が観たくて退職願いを出した日

写真を拡大 我が家のカープグッズのごく一部(笑)です。写真を送ったら編集者さんにドン引きされました……。確かに貯金は減った(笑)!

カープ女子ってどんなイメージなのでしょうか。

生まれてこのかた、ずーっとカープファンだった私にとってカープを応援するということは特別なことではなかったのですが、ここ数年、カープ女子という言葉とともに、メディアさんから取材を受けたり、ファンのかたに声を掛けてもらったり、こうして執筆の依頼があったりと、大きな変化がありました。

カープが優勝してくれることをなにより願っている私たちにとって、一緒になって応援してくださるかたが増えるのは、とってもうれしいことです。今年も、できる限り頑張っていきますのでよろしくお願いします。

と、前置きが長くなりましたがはじめまして、カープ女子の古田ちさこです。今年のカープの見どころを書いていきたいと思うのですが、まずは自己紹介がてら、私のことを。
両親がカープファン同士の家系に生まれた私は、きっかけも特になくカープを応援するのは当たり前のことでした。千葉県の出身なんですけどね……(笑)。

好きが高じて、神宮球場や東京ドームなど関東の球場を中心に年間30試合前後を、2015年シーズンにいたっては40試合を観戦するようになりもうずいぶん経ちました。ふだんは都内のジュエリーショップで働いているのですが、あるときカープの試合を観たいがために会社に退職を願い出て引き止められたこともあるくらい、カープを愛しています。

退職を願い出たのは2013年シーズン後。
そう、カープファンには忘れられない17年ぶりのAクラスを果たしたあの年です。クライマックスシリーズ出場、初めての舞台にいてもたってもいられず日帰りで1stステージの舞台、甲子園に駆け付けた私は、カープファンの本気を見ました。こんなに真っ赤な甲子園を見たことがなく、すれ違う阪神ファンが『なんやねん、カープファンだらけやん!』と驚く様子に“この雰囲気はいける気がする!”と思ったのです。

次のページ 沖縄より日南キャンプがおススメなワケ