乗ること自体が旅行の目的になる観光列車。その魅力は、絶景を望む車窓から、贅を尽くした食事、快適さを追求した車内空間、古き良きレトロ列車など、各路線でさまざまだ。全国の観光列車をエリア別でご紹介する。

 

 

 

きらきらうえつ

羽越本線・白新線など(新潟~酒田)

日本海の迫力ある景色が望める展望スペースや茶屋、ラウンジを設置したジョイフルトレイン。

 

 

 

越乃Shu*Kura

飯山線・上越線(上越妙高~十日町)

新潟が誇るお酒を味わえる観光列車。地酒のふるまいや利き酒などお酒イベントが満載。

 

 

 

黒部峡谷トロッコ電車

黒部峡谷鉄道(宇奈月~欅平)

絶景で知られる、日本一深いV字峡谷を縫うように小さなトロッコ列車がのんびり走る。

 

 

 

ダブルデッカーエキスプレス・アルプスエキスプレス

富山地方鉄道(電鉄富山~岩峅寺・立山・宇奈月温泉)

雄大な立山連峰のパノラマビューを、コンセプトの異なる2種類の観光列車で満喫できる。

 

 

 

のと里山里海号

のと鉄道(七尾~穴水)

ぬくもりと懐かしさを感じる観光列車。穏やかで美しい七尾湾を向くようにシートを設置。

 

 

ベル・モンターニュ・エ・メール

城端線・氷見線(高岡~城端・氷見)

愛称は「べるもんた」。線区は「山と海」、車両は「走るギャラリー」と、コンセプトが明確。

 

 

 

花嫁のれん

七尾線(金沢~和倉温泉)

2015年10月運行開始の七尾線の観光列車。和と美のおもてなしがデザインコンセプト。

 

 

 

きょうりゅう電車

えちぜん鉄道(福井~勝山)

かわいらしい恐竜のキャラクターで装飾された車内では迫力満点の恐竜映像が楽しめる。