退職願を出してまでカープ観戦にこだわった人気カープ女子・古田ちさこさんが、日南キャンプで感じたカープの魅力。
もっともキュンとしちゃうのは○○練習だそうで……。新外国人選手の動向などなど今年のカープを見つめる「玄人カープ女子の目」、ご覧下さい!
写真を拡大 実はジャイアンツファンの友人と一緒に行ったのです! 敵情視察も大事なつとめ!

球場に歩く道すがらいきなり黒田投手の噂が……

カープの練習が行われているのは日南市にある天福球場。
空港からは車で一時間ちょっと。電車だと二時間もあれば球場の最寄駅である油津に到着します。
油津駅はこじんまりした地方の駅なのですが、駅を出るともう、なんだか「カープのにおい」がしてくる気がして、気持ちが高まります。

駅からはだいたい歩いて10分くらい。
ちょっと遠いけれど、車がなくても行けるというのは女性ファンには嬉しいのではないでしょうか?

さて、キャンプです。
球場に向かう道、後ろから黒田博樹投手の話をする若い男の子の声。さすが日南、地元のみなさんもカープで盛り上がっているな……と振り返ると、な、なんとそこにいたのは、カープの選手! 
名前は伏せますが、若手の投手2人組が黒田投手のお話をしていたのです。まだ黒田投手が合流する前のことで、さすが世界で活躍したピッチャーは、チームのなかでも影響力が違うようです。
そんないきなりの発見に心躍らせ球場に到着。

キャンプ見学の醍醐味は選手が間近で観られることです。ふだん球場で観るときよりもぐっと近い距離で、選手たちの素の様子が見られたり、ときには会話が聞こえてきたりします。

ブルペンに関しては、数年前ははっきり見えたそうなのですが、現在は覗き見程度になっています。これはちょっと残念。それでも、キャッチボールをするときはグラウンドに出てフェンスを背に行うので、目の前でチームの動向をチェックできます。

次のページ 新外国人選手チェック、今年期待できそうなのは…