〇10年間にわたる戦いはなぜ起きたのか?
 

〇織田信長最大の強敵は武田信玄、上杉謙信ではなく、本願寺顕如であった!!
 

〇知られざる信長の一面が浮かび上がる
 

信長の「天下布武」の過程で大きな障害となったのが、各地の一向宗門徒であり、石山本願寺であった。一向宗門徒の殲滅を計る信長に対し、本願寺の顕如は、各地の一向宗門徒に蜂起を指令、かつ武田信玄・浅井長政・朝倉義景・毛利輝元・足利義昭らと“反信長戦線”を構築して徹底対決した。そんな十年に及ぶ石山本願寺合戦の全貌を、本願寺の側から克明に活写し、日本戦国史に一石を投じる一冊。まさに、この戦いは、日本の中世から戦国、そして近世にいたる時代を決定づけるものであった。
 

◆大坂こそ、アジア・南蛮へ通じる海の回廊の拠点! 

◆本願寺に君臨した“女宗主”慶寿院!?

◆十万人を動員した石山攻略作戦!!

◆本願寺を支えた雑賀衆の実態!?

◆キリスト教宣教師が見た石山本願寺の兵力!? 

◆石山本願寺が焼亡した本当の原因と教如の義絶!

 

〇本願寺側だからこそ見える石山合戦の真実!!
 

第1章 緒戦 「破却すべきの由」―石山本願寺の挙兵の背景

第2章 戦線拡大 「油断なく入魂あるべき事」―信長包囲網の形成とその実態

第3章 戦線崩壊 「信長に対し遺恨深重に候」―伊勢長島・近江・越前の決起

第4章 長島潰滅 「餓死ことのほか多き由」―信長の“根切り”作戦の意図

第5章 天王寺合戦 「忠節感じ入り候」―本格的な戦闘から籠城へ

第6章 雑賀衆 「法敵をたいらげよ」―本願寺を支えた主力部隊の実態

第7章 石山籠城 「惣赦免の事」―信長と本願寺の講和の真相

第8章 本願寺焼亡 「黒雲となって焼けぬ」―顕如・教如の親子対立と本願寺分裂の背景