激動の京で倒幕派を相手に過激な取り締まりを遂行した「新選組」。
血気盛んな剣客集団が巻き起こす大小の事件はやがて、京の町に新選組の勇名・悪名を轟かせていく。新選組の歴史の中で最も華々しい瞬間となった
池田屋事件を含む、6つの事件の真実に迫る!

 池田屋事件で長州系の志士が新選組に多数捕殺されたという報告は、すぐに長州本国にもたらされた。

 そのころ長州藩では、前年の政変で失脚した藩主毛利敬親と、三条実美ら尊攘派公卿の復権を嘆願するために上京する準備をしていたが、彼らは池田屋の報告を聞いて憤激した。そして、嘆願がかなわない場合には、武力に訴えてでも目的を果たそうと、2000人もの大軍を編成して京都に向かったのだ。

 これを迎え撃つ幕府側では、会津、薩摩などの諸藩が守備についたほか、池田屋で一躍名をあげた新選組が伏見方面の九条河原に派遣された。肺結核を発病して間もない沖田総司の姿は陣中になかったものの、額を割られた藤堂平助は早くも現場に復帰していた。

 文久3年(1863)7月19日未明、嘆願が通らないことに業を煮やした長州軍が御所に発砲し、両軍の間に戦端が開かれた。

 しかし、新選組の守備する伏見方面よりも、嵯峨天龍寺方面から進攻した敵軍の勢いが強く、御所の蛤御門付近は激しい戦いとなった。この戦いを一般に禁門の変というが、最大の激戦地の名をとって蛤御門の変とも呼ばれた。

 遠く御所の方角に戦火があがったのを見て、永倉新八と原田左之助は民家の屋根に上って、戦況を確認しようとした。それでも状況がつかめずにもどかしく思っていると、会津藩の急使がやってきた。御所が危機に瀕しているので、新選組も応援に駆けつけよという命令だった。

 彼らが現場に到着したころには、すでに幕府方諸藩の働きによって長州軍は崩れはじめていて、一番いい見せ場は終わっていたが、付近にはまだ敗残兵が潜伏していた。公卿門の守備を命じられた新選組は、門前の日野大納言邸に長州兵20人ほどが潜んでいるのを知ると、永倉と原田が隊士20人を従えて邸内に踏み込んだ。

 永倉が先頭に立って突入すると、必死の長州兵は抜刀して向かってきた。永倉は池田屋で受けた手のひらの負傷がまだ完全には癒えていなかった。そのためいつものように刀を扱うことができず、敵の刀を受け損じて指先に負傷してしまった。

 それでもなんとか4、5人の敵を斬り倒すあたり、さすがは永倉だ。残りの敵は、かなわぬものと見て逃げ去った。

 やがて長州軍は総崩れとなり、開戦から1日ともたずに退却していった。乱戦の中で、久坂玄瑞、入江九一らの逸材が戦死しており、長州藩は池田屋に引き続き大打撃をこうむったのである。

 翌々21日には、戦争の首謀者ともいうべき真木和泉(久留米)らの軍を追って会津藩兵とともに山崎に向かい、天王山の山頂に追いつめている。山頂の真木が戦国武将のように名乗りをあげると、山の中腹に陣取った新選組からは、「われは徳川旗下の者にて近藤勇と申す」と応えた。

 これが戦闘開始の合図となり、真木軍は山上から鉄砲を激しく撃ち放つ。新選組側にはほとんど銃砲装備はなかったから、永倉と井上源三郎が銃弾を受けて軽傷を負った。

 しかし、やがて鉄砲の弾が尽きると、真木らは攻撃をやめ、山上にあった山小屋に駆け込んだ。そして小屋に火薬を仕掛け、17人の志士全員が爆裂の中で自刃をとげたのだった。

 近藤らが山頂に着くと、まだ火がくすぶっている小屋に真木らの遺体が並んでおり、その潔い最期には新選組の者も感心するばかりだった。

 こうして禁門の変は終結したが、戦の最中に京都の町に広がった火事は、3日間燃え続け、市街地の3分の2にあたる3万戸が焼失した。せっかく池田屋事件のときに浪士たちが企てていた京都焼き討ちを阻止したというのに、それと同じ結果になってしまったことは残念というほかない。

 長州藩は御所に発砲した罪によって、以後、朝敵として扱われることになり、長州人は一切、京都に立ち入ることを禁じられるようになったのである。