シボの型押しが高級感満点の、ストリートジャック5月号付録〈フリークス ストア〉のレザーペンケースは、その大容量さからポーチとしても使用可能!
ボールペンとシャープペンシルまで付属した、ただでさえ実用性満点の贅沢な特別付録を、6人の編集部員がライフスタイルに合わせて使い倒してみた!

 

写真を拡大 シボを効かせた、リアルレザー調のペンケース。ジップもショップ名を刻印したオリジナルのメタルジップで、高級感は抜群。
写真を拡大 ラバーグリップとほど良い太さで長時間握っていても疲れ知らずのノック式ボールペン。
写真を拡大 口金とヘッドが金属で、付録に見えないクオリティを見せるシャープペンシルも付属。

 


Case1:スニーカーLOVEな副編・H田の場合

三度の飯よりスニーカーを愛する副編集長・H田は、愛があふれるあまり、読者プレゼント用のスニーカーまで自ら選びに出向くほどだ。

 

 

H田 今月は年に一度の200名プレゼントってことで、なかなかいいモデルをゲッツ!したよ。なにしろ、自分で欲しいくらいだからね……。
…ところでM神くん、これ…やっぱり発送しなきゃダメだよね?

M神 先輩…今のは聞かなかったことにします…。

H田 あはははは、じょ、冗談だって!ちゃんと読者のみなさんにお届けしますよ! じゃあ、発送作業始めますか〜!! 

なんとか自分の心の悪魔を抑えこんだH田は、200名分のプレゼント発送作業にとりかかることに。

 

「このFREAK’S STOREのボールペン、めっちゃタッチがなめらかだな…」

 

発送伝票に200名分の宛名を書く。プレゼントを待っている読者のためとはいえ、これが毎回地味に疲れる作業なのだが…。

 

 

おおっ、いつもなら30人分あたりで手が疲れるけど、ラバーグリップのおかげか全然平気だ!これは一気に200人分書けちゃうぞ!!

 

ーーそして数時間後。

M神 H田さん、もう発送作業終わったんですか? いつもなら、手が疲れるって休みながらやってるのに…。

H田 僕を誰だと思ってるの。H田さんだよ(どやっ)!?

M神 (無視)……僕も自分の発送作業したいんで、そのペン借りてもいいっスか? あ、でも200人分も書いてたから、インク切れてます?

H田 ふっふっふ、見ていたまえ…。

 

 

H田 (インク)切れてなぁ〜い!!!

 

「この人、絶望的にギャグのセンスないな…」と心の中でつぶやきながら、M神は黙々と自分の作業を始めたとさ。

 

次のページ ボールペンだけじゃく、シャーペンも付いてる!