「中国が日本に攻めてきたらどうするか」問題に真正面から向き合う

日本人が、今も共産主義を恐がり、イヤがるのには深い理由がある。

中国とロシアの、血塗られた残虐な革命の歴史を肯定することはできない。

あれらは、やってはいけなかった人類史の実験だったのだ。

案の定、大失敗した。今、アラブ世界で起きている IS「イスラム国」という過激派たちの出現の問題もよく似ている。

私たちは、それでもなお、日本に迫りくる共産・中国の巨大な力を、正確に測定して 感情に走ることなく、冷静に対策を立てなければいけない。

著者の副島隆彦氏(撮影:赤城耕一)

《目次》

第1章 日本が中国の属国にさせられる日

第2章 反共主義という信念

第3章 中国がつくった新しい経済学

第4章 社会主義、共産主義は何を間違ったのか

第5章 暴力革命を否定したマルクス

第6章 中国共産党も確かにこんなにヒドいことをしてきた