移り変わりの激しいストリートのファッションシーンを
約20年に渡り追い続けてきた『ストリートジャック』。

雑誌名こそ創刊当時から変わらないが、その中身は
時代の流れに合わせるように、大きく変化していった。

そんな過去のアーカイブスから、当時の時代背景や
ファッショントレンドが分かる“名物号”をピックアップ!

SJ CHRONICLE 1997-2016

【第3回】2011年7月号 

写真を拡大 前年に朝ドラ『ゲゲゲの女房』でブレイクしたばかりの向井 理さんが表紙。「天才型か努力型かと聞かれたら、僕は完全に後者」と自分を分析していた。

 

DATA
発売日:2011年5月24日
表紙:向井 理
巻頭特集:誰でも簡単♪ リアルな300コーデ

 

東日本大震災から5年。

 

当時日本中が自粛ムードとなる中、ファッション業界、雑誌業界も例外ではなく、ストリートジャック編集部でも「今、何をすべきか」が毎日のように問われていた時期。そのまっただ中で作られたのが、この号だった。

 

編集部が出した答えは、「こういうときだからこそ、全国で待っている読者のために、いつものストリートジャックを届けよう」だった。
こういった判断には当然、賛否があるかもしれないが、
あのときの葛藤は、5年経った今も絶対に忘れてはいけないと思う。

 

 

さて、この号は今では毎月恒例になったある「企画」が本格的にスタートした号でもあった。それは…

 

 

そう、付録である。

 

それまでもストリートジャックには特別付録がなかったわけではないが、本格的に“商品開発”が始まったのは、この号がきっかけだった。

 

上にも書かれているとおり当時としては「付録の常識を超えた!」クオリティで、「セレクトショップの名前を冠した腕時計が付いてくるなんて!」と業界でも騒然となったとか。

 

そして現在発売中の「フリークス ストアの文房具3点セット」や、4月23日発売予定の「ビームスのレザースマホケース」へとつながるのである。
(ちょっと宣伝。*2016年4月7日現在)

 

 

そして、表紙にはブレイクまっただ中の向井 理さんが登場。

2010年にNHK朝の連続テレビ小説(いわゆる「朝ドラ」)の『ゲゲゲの女房』で好演し、以降「朝ドラ」は若手俳優の登竜門となるのだが・・・。

 

実は当時のストリートジャックには、そんな「朝ドラ」俳優が「ファッションモデル」として出演していたのだ!

 

しかも2人同時に!!

 

果たして、その俳優とはーー?

 

次のページ まさか、あの人もストリートジャックに!!??