メディアで率直な発言をされる機会の多い古市さん。以前には「ハーフは劣化が早い」「子供は汚い」といったフレーズで発言が取り上げられ「炎上」することも……。炎上を怖れない数々の発言の真意とは?

「本格派」という存在

 

今はインターネットを通じて、誰もが発信者になれる時代です。言ってしまえば、いつでも誰にでも炎上する可能性がありますよね。

だから、炎上を恐れてたら何も言えなくなっちゃう。そうなってしまうのは違うなって思うんですよ。

 

先日、テレビでサッカーについて「全然得点が入らなくてボールが遠くで動いているだけだから、メリハリがなくて見ていてつまらない」とコメントしたら、ちょっと炎上気味に取り上げられたんです。
これに関しても、別に言わなきゃよかったとは思っていないというか……そもそも僕の思ったことを聞かれているんだから、それを言えない「空気」のほうがおかしい。確かにサッカーは国民的な人気スポーツですけど、サッカーをつまらないと感じている国民だって、最低でも何百万人ってレベルでいると思います。それなのに、「ワールドカップにサッカー日本代表を、全国民で盛り上げていこう」っていう空気だけになっちゃうのは、すごく気持ち悪くないですか。

とはいえ僕も、あえて「当たり前とされていることに突っ込もう」とか、「常識を疑おう」といったことを意識しているわけじゃないんです。多数派と同じ意見になること自体に抵抗はないんです。ただ、考えもなしに多数派に同調しないように、とは心がけています。

論者でも歌手でも、さまざまなプレイヤーに共通して言えることだと思うのですが……ある程度世の中に受け入れられると、みんな「本格派」だったり「本物」になりたがる傾向があると思います。
最初は攻めた物言い、攻めた表現で脚光を浴びた人たちが、段々と世間の目を気にするようになって、おとなしくなってしまうことって結構ありますよね。本格派は上品に見えるし万人にも受けがいいと思いますが、なんとなくつまらなくなってしまう。なぜなら、本格派というのは「すでにある良いものをそのまま受け継いでいく」要素が強いから。今まで「本物」と言われてきたものを踏襲するから、「本格派」は成り立つんです。

僕には、過去を踏襲しようという気持ちはありません。本物感を求められるような仕事を、わざわざ僕が引き受ける必要はないかな、とも感じています。僕でないとできない仕事、僕でないと意味が生まれないこと……それらを突き詰めていきたいからこそ、今のところは炎上に気をとられたくないし、本格派にもなりたくないんだと思います。

 

明日の第十回の質問は「Q10.最近の仕事で、印象に残っているものはなんですか?」です!