政府はこれまで、観光立国を推し進めるため「2020年までに訪日外国人客2000万人」を目標としてきました。この目標が2015年にほぼ達成されたことから、2020年の目標を3000万人に引き上げています。この数字を達成するために、いま日本に必要なこと、不足していることとは?

当たり前のことができていない日本

 2015年で、訪日外国人数は過去最高の1973万人を記録しました。しかし、それは決して「日本の観光業が大きく変わったから、インバウンドが増えた」という事実を示しているわけではありません。訪日外国人数が増えたのは、規制緩和のおかげでいろんな国にVISAなしで観光できるようになったこと、円安の影響で渡日しやすくなったことが、大きな要因だと思います。

 インバウンド市場を盛り上げるため、積極的にできることはたくさんあると思いますが、その前に日本は「外国人観光客にとっての不便さを取り除くこと」に真っ先に取り組んでいくべきです。
 日本では、他の国が観光対策として当たり前にやっていることや、常識的に考えればやるべきことに、十分な手が回っていないんですよね。
 たとえば、公共の交通機関やターミナルのFREE Wi-Fiの整備が不十分です。日本の通信業者と契約している人しか満足にネットを使えないんです。都営バスなどは頑張っていますが、一方で成田エクスプレスに簡単に使えるWi-Fiが整備されていないのはおかしいですよね。
 ほかにも、JR東海なんて専用のクレジットカードがないと、ネット経由で新幹線の予約が取れないんです。そんなの、絶対に海外からじゃ無理ですよね。そもそも、新幹線にはスーツケースを置く場所もないですし。こういった「国内にしか目線が向いていない」インフラは多いですよね。

 僕があったら便利だなと思うのは、外国人観光客向けの適切な観光ポータルサイトを作ること。
 たとえば韓国には、日本人・中国人向けの観光サイト『コネスト』があります。食、美容、歴史に至るまで、ガイドブックより詳しい情報が網羅されていて、直接ホテル、ツアー、ミュージカルの予約までできるサイトです。
 日本にも『Visit Japan』など、似たようなコンセプトのサイトはいくつかありますが、コネストの充実度に比べるとどうしても見劣りしてしまいますね。観光客を呼ぼうと考えると、つい多額のお金をかけた施策をイメージしてしまうかもしれません。でも何百億円もかけずとも、コネストのような「日本に来てから出るまでワンストップでこと足りるサイト」を作ったり、できることはたくさんあると思うんです。まあ行政が作るウェブサイトに期待はできるかと言われたら、今のところできないですけど。

 インバウンドの文脈では未だに「クール・ジャパン」って言葉が出てきますけど、あれって「海外から日本がどう見えるか」という視点が、圧倒的に欠けているんですよ。結局、日本が好きなモノを押し付けているばかりなんです。これから必要なことは、外国人観光客が求めている欲求を満たし、さらに一段上のサプライズを提供していくことでしょうね。

 

明日の第十二回の質問は「Q12.海外に行くようになったきっかけは?」です!