前夜届いた今日の予報文は「天気晴朗ナルモ波高カルベシ」。秋山の7段構えの戦法では駆逐艦や水雷艇が奇襲攻撃を加えることになっている。だが、波が高いと排水量の少ない駆逐艦や水雷艇では揺れが大きく魚雷の命中率は期待できない。連繋機雷も海面を漂って味方の艦艇を沈めてしまうかもしれない。

 秋山は暗に雷撃による奇襲は難しいかもしれないことを大本営に伝えようと一文を加えた。今日では一般的にこのように解釈されている。

 このとき「三笠」は鎮海湾の松真浦に停泊していた。近くに海底ケーブルを使える仮設電信局があるからである。

 名文として知られる歴史的な電文は、午前5時15分に打電された。