◆私たちの身体に与える長期的な影響とは?

 コンビニで売られているようなエナジードリンクは、毎日何本も飲んでいると、含有する成分の効き目以上に、糖質による悪い影響のほうが強くなっていきます。つまり太りやすくなることは明白です。
 カフェインを摂りたければブラックコーヒー糖質が欲しければ20グラム以内でフルーツやブラックチョコレート炭酸が飲みたければ炭酸のミネラルウォーターというように、太らない選択はいくらでもできます。ここ一番の力を出したいというよりも、あなたはただ単に糖質を欲しているだけ
 では薬局などで売っている栄養ドリンクはというと、こちらは説明書きに「大人(15才以上)1回1瓶(30ml)を1日1回」というように、服用方法が明記されています。この範囲内であれば、身体に不調をきたす心配はありませんが、健康的にどうかは全く別です。栄養ドリンクの場合、タウリンや朝鮮人参、そしてビタミンB群などの成分も、エナジードリンクよりも多く入っていて、栄養的にも期待はできます。そのことを踏まえたとしても、飲んだ後の高揚感はやはり大量に入ったカフェインなのです。

 カフェインは一時期スポーツでのドーピング検査対象薬物に指定されていたほど、即効性のあるものです。結局は疲れを紛らわせるためのドーピング的な役目としているわけですから、より身体に無理をさせているということになりかねません。そういう意味でも常飲は避けるべきではないでしょうか。

                       <『やめたい食べグセ』より引用>