「読書で知的武装」するなんて実にくだらない!
「情報を仕入れるための読書」から、いい加減、卒業しよう!
ゲーテ、ニーチェ、アレント、小林秀雄、三島由紀夫……
偉人たちはどんな「本の読み方」をしていたのだろうか?
正しい「思考法」「価値判断」を身に付ける読書術とは?
哲学者・適菜収が初めて語る「大人の読書」のススメ。

KKベストセラーズ 定価:本体1300円+税 大好評発売中!

 

第13回

『ゲーテとの対話』はなぜ凄いのか

『ゲーテとの対話』は人類の必読書です。
 私だけではなくて、ありとあらゆる人が、『ゲーテとの対話』を薦めています。

 森鷗外(一八六二~一九二二年)も芥川龍之介(一八九二~一九二七年)も太宰治(一九〇九~四八年)も三島由紀夫も水木しげる(一九二二~二〇一五年)もトーマス・マンも『ゲーテとの対話』を愛読した。

水木しげる (一九二二~二〇一五年) 太平洋戦争時、激戦地であるラバウ ルに出征、爆撃を受け左腕を失う。 復員後は紙芝居画家となり、後に貸 本漫画家に転向。代表作に『ゲゲゲ の鬼太郎』など。

 あらゆる本読みが、偉大な書として『ゲーテとの対話』を挙げています。
 ニーチェは言います。

 この世紀のもので後世に残るであろう書物、より正しくは、この世紀のうちにその根をもっていない樹木として、その枝々でもってこの世紀を越えてかなたへと達する二、三の優れた書物――私が考えているのは、セント・ヘレナ島における[ナポレオンの]回想録とゲーテのエッケルマンとの対話とである。 (『生成の無垢』)
 エッケルマンを読み、自問してみよ、かつて或る人間が、ドイツにおいて、一つの高貴な形式という点でこれほど遠くへ達したことがあるかどうかを。そこから単純さと偉大さまではもちろんなお大きな隔(へだた)りがあるのだが、私たちはゲーテを飛び越しうるなどとはなんとしても全然信ずべきではなく、むしろ、彼のやったとおりに、再三再四やってみなければならない。 (同前)

 まったくそのとおりだと思います。
 ゲーテは時代に制約された人間でもドイツ的でもない。
 ヨーロッパの全教養がそこに流れ込んでいる。
 だから、価値判断の王道を示すことができた。

 ゲーテを読めば、人間の精神の病は治ります。
 ナポレオンは遠征するときに戦地にたくさんの本を持っていった。
 その図書目録にゲーテは注目します。

 ところで、この目録を見て注目すべき点は、書物をさまざまな項目に分類する方法だ。たとえば、『政治』の項目には『旧約聖書』『新約聖書』『コーラン』などがあげられている。このことから、ナポレオンが宗教的なものをどういう観点から眺めていたかが、わかるね。 (『ゲーテとの対話』)
ナポレオン・ボナパルト (一七六九~一八二一年) 革命期のフランスの軍人、政治家。 一八〇四年にナポレオン一世とし てフランス第一帝政の皇帝に即位。

 このように、ゲーテは自分の思考回路をエッカーマンに見せるわけです。

 エッカーマンが凡人だったら、それを聞き逃してしまったかもしれない。
 しかし、エッカーマンも偉大な人間だった。

 適切な質問をし、答えを引き出し、書き残すことができたのは、エッカーマンが言葉の価値を理解していたからです。

 こうした核心をついた言葉が、ほぼ全ページにわたり続く。

 ニーチェが言うように「私たちはゲーテを飛び越しうる」などとは考えるべきではありません。
 ゲーテがやったことを再三再四繰り返す必要がある。
 偉大なものは、自分の卑小さを理解するためにある。

 結局、真っ当なものにつながる意志があるかどうかです。

 何十万円もする自己啓発セミナーに行って、わけのわからない奴の話を聴くより、数千年の歴史においてもっとも高いところまで上昇した人間が書いた本があるのだから、それを読んだほうがいいに決まっています。

 逆に言えば、高いカネを出してセミナーに行き、納得して帰ってくるような人間だから、とりかえしがつかなくなるのです。

 ゲーテは言います。

 それに経験を積むとなると、先立つものは金だよ。私がとばす洒落の一つ一つにも、財布一ぱいの金貨がかかっているのだ。今自分の知っていることを学ぶために、五十万の私の財産が消えていったよ。父の全財産だけでなく、私の俸給も、五十年余にわたる相当な額の文筆収入も、そうだ。 (『同前』)

 偉大な人間が全生涯と財産をかけて獲得したものが、岩波文庫三冊で手に入るわけです。

 しかも、一冊一〇〇〇円もしない。図書館なら無料で借りることができる
 そう考えたら、それを読まないのは頭がおかしいとしか言いようがありません。

〈第14回「なぜ人間はくだらないものを読むのか」につづく〉

著者略歴

適菜 収(てきな・おさむ)
1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『日本を救うC層の研究』(講談社)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)など著書多数。