連合艦隊主力より早く対馬を出撃していた第3艦隊第5、第6戦隊は午前10時、2列縦陣のバルチック艦隊の西側に並行するかたちで航行した。第2艦隊第4駆逐隊(司令・鈴木貫太郎中佐)は3000メートルほどまで肉薄した。

 朝鮮海峡の南方からは第1艦隊第3戦隊が北上し、午前10時には敵艦隊左舷のほぼ真横まで追いあげた。

 午前11時20分、バルチック艦隊のアリョールが旗艦スワロフ(クニャージ・スヴォーロフ)に向け、日本艦隊との距離を示す信号旗をあげた。それを「戦闘開始」と勘違いしたアリョールの砲兵が砲撃を始めた。艦隊の各艦は早合点して砲門を開いた。第3戦隊は慌てて離れた。最初の攻撃は10分ほどで終わった。連合艦隊主力は正午ごろ、対馬の東にある沖ノ島北方約10海里(約18・5キロ)の地点に達した。

 午後1時39分、「三笠」艦橋からバルチック艦隊の艦影が確認できた。味方艦艇からの報告では敵艦隊は1万メートルほど東側を航行しているはずだったが、実際には真正面に相対している。

 秋山は黄海海戦での教訓を活かし、変則的な丁字ともいうべき「イ」のかたちで攻撃する並航戦によって敵艦隊を逃さない戦法を編み出した。このままではそれが使えない。すぐに面舵を取り右回頭した。敵艦隊から見ればわざわざ進路をあけて西に去って行くように見える。

 移動の最中、午後1時55分、「三笠」のヤードに「Z旗」が翻った。

「皇国ノ興廃、此ノ一戦ニアリ。各員一層奮励努力セヨ」