移り変わりの激しいストリートのファッションシーンを
約20年に渡り追い続けてきた『ストリートジャック』。

雑誌名こそ創刊当時から変わらないが、その中身は
時代の流れに合わせるように、大きく変化していった。

そんな過去のアーカイブスから、当時の時代背景や
ファッショントレンドが分かる“名物号”をピックアップ!

SJ CHRONICLE 1997-2016

【第6回】2010年8月号 

 

写真を拡大 初監督映画『シュアリー・サムデイ』公開時の小栗さん。原案を考案した18歳の頃を振り返り「(二十歳になると)人生が変わる!って勝手に思い込んでいたんですよ。いざなってみたら、何も変わらなかったんだけど(笑)」成人=人生のターニングポイントと考える思いが、着想につながったという。

 

 

DATA
発売日:2010年6月24日
表紙:小栗 旬
巻頭特集:定番アイテムで無敵の夏スタイル!!

 

前々回(第3回)、「女優大豊作時代」と「女性表紙の変遷」について触れたとおり、SJの歴代表紙を飾ってきたのは圧倒的に女性芸能人だった。

 

しかし、創刊20年の歴史の中で、例外的に「男性芸能人の表紙」が続いた時期がある。その始まりとなったのは、2009年4月号の成宮寛貴×水嶋ヒロという2ショット。イケメン俳優ブームと女性アイドル冬の時代が重なり、これまでSJ=女性表紙という暗黙のルールは少しずつ破られていくことになる(それ以前の男性表紙となると、最後が2000年10月号のラルクアンシエルと、約10年近く遡ることに!)。

 

それ以降、先ほどの2人や今回の小栗旬を筆頭に、数多くのイケメン俳優が表紙に出演。特に2010年に入ると表紙のイメージをがらっと「男っぽく」振り切り、ロゴも一新。その後、さらなるリニューアルを経て約2年ほど男性表紙時代は続くが、2011年12月号、それまでの路線を破り、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった“ゆきりん”こと柏木由紀を抜擢すると、雑誌もメガヒットを記録(SJが初めてAKB48メンバーを表紙に起用したのは彼女だった)。これをもって、再び女性表紙に回帰していくことになる。

 

そして、この回が配信される頃に発売中の最新号である、2016年6月号の表紙は、EXILE/三代目J Soul Brothersの人気メンバー、岩田剛典。
これまた記録更新する勢いのメガヒット(御礼!)なので、これからのSJは再び男性表紙が増えてくるかも・・・しれない。

 

それは読者のみなさんの反響次第・・・ということで、やはり歴史は繰り返すことが、こんなところでも実証されています。

 

 

 

表紙のリニューアルにあわせ、目次も創刊以来続いた赤い地色から一新、すっきりした印象に。

 

 

次のページ 思春期を迎えたストリートジャック