昔から人の生活圏にあった低山は特別な技術は必要なく誰にでも登ることができる。古くから人と関わってきた歴史ある山だから誌歌に歌われたり、小説の舞台になったりしてきた。そんな歴史の面影を愉しめるコースと展望と自然美に感動間違いなしのコースを低山歩きの達人、小林泰彦さんに教えてもらった。

 

御前山、三頭山とともに奥多摩三山と称される

大岳山(東京都)

 

 大岳山(おおだけさん)は奥多摩のシンボルとして親しまれている山だ。遠くからでもそれとひと目でわかる山容が特徴で、ああ、あそこのてっぺんに立ったんだなあ、と後日思いを馳せるのも一興となる。

 霊山・御岳山(みたけさん)を経て辿るコースは、体力を温存するためケーブルカーを利用して御岳平へ。御岳の集落を抜けいくつかの道を分けるが、綾広(あやひろ)ノ滝を望むコースで芥場峠を目指す。芥場峠からモチノ木坂の登りは露岩もあり、少々険しくなるので慎重に登ろう。やがて営業小屋である大岳山荘に着く。言い伝えのある石とイチイの木を眺めたら、ひと登りで山頂だ。下山は縦走路もあるが、初めての人は往路を下ろう。

 

●参考コースタイム

 ケーブル御岳山駅(20分)御嶽神社(1時間)芥場峠(40分)大岳山荘(20分)大岳山(40分)芥場峠(45分)奥の院(25分)御嶽神社(15分)御岳山駅

 

 

大きな船の長いデッキを歩く

荒船山(群馬県・長野県)

 

「箱を置いたような、およそ“山”という概念に収まらない形のアラフネヤマは、小学生だったぼくにも強い印象を残し、それ以後、忘れることがなかった。」(日本百低山より)

 荒船山の山容は、いわゆる山、という容貌とは異なり、山上に浮かぶ船のような趣だ。台地の北端が垂直の岩壁になっていて、それを船の船尾に見立て、艫岩と呼ばれている。

 登山道は、荒船不動から星尾峠を経て荒船山最高点である行塚山(ぎょうつかやま)へ。そこから長い船のデッキのような台地を歩き、船尾の艫岩に至る。絶壁の上だけに展望はすばらしい。噴煙をあげる浅間山が迫力だ。下山は岩壁に沿って内山峠へと下る。

 

●参考コースタイム

 初谷(1時間)荒船不動(40分)星尾峠(30分)行塚山(30分)艫岩(1時間)内山峠(1時間10分)物見岩(30分)神津牧場(1時間10分)市野萱