もうすぐ4月。
だんだんと気温も上がりはじめ、春夏の新作の購入も検討し始めるこの時期、次第に軽くなる着こなしに呼応するように”小物”の存在が重要になってくる。
昨年原宿で流行っていたファッション小物をサンプルとして、今年何を買うべきかの参考にしてみよう。
最終回4回目は、アクセサリー。昨年から続くトレンドのはしりをチェック。

【第1回 アイウエア編】はこちら
【第2回 腕時計編】はこちら
【第3回 キャップ&ハット編】はこちら


2015年最優秀アクセサリーは”ビーズネックレス”!!

アクセサリー氷河期を迎えていた20代。
着用しても、レザーブレス、ヒモブレスのような主張の少ないものを選んでいた男子たちが、2015年から豹変!
シルバーに始まり、ネイティブアクセサリー人気が沸騰した。

だが、いきなり〈ゴローズ〉からのデザイナ-系シルバーブランドに手を出すのは難しい。
シルバーに輝くフェザー、ゴールドを背負うイーグル、革ひもにホイール…。
主張が強すぎる分、着用する服も限られてくる。

そこで登場したのがビーズネックレス。

特に人気を博したのが、ターコイズブルー。
トレンドだったネイビーカラーとのグラデーションとも美しく、ビーズの間に赤やイエローを挿してアクセントをプラスするおしゃれさんも。
上の写真のようにハットとの組み合わせも目立った。
単体だと“気負っている”感も漂うビーズアクセだが、アクセ同士を合わせることで相乗効果が狙える。

今年も、ビーズアクセは鉄板になる見込み。
一歩先を行きたいなら、昨年オシャレ二スタのみで流行っていた本格派のインディアンジュエリーを一点、混ぜ込んでみてもいいかもしれない。

次のページ でもやっぱり、人気だったのは…