北海道にある「月形町」と「福移」。これらの地名と福岡は関係があるという。どのような縁があるのだろうか? 古代からアジアの玄関口であり、いまなお歴史の舞台となり続ける福岡の通史が楽しめる『福岡 地名の謎と歴史を訪ねて』を上梓した歴史研究家の一坂太郎氏に聞いてみた。
樺戸集治監旧庁舎。現存のものは明治19年に建てられた(写真:一坂太郎)

 

 

◆北海道開拓と集治監設立

 幕末の福岡藩は月形洗蔵(つきがたせんぞう)ら「勤王党」を大量に処刑し(乙丑の獄)、人材を枯渇させたため「負け組」となり新時代から取り残された。洗蔵の従弟である月形潔(きよし)は投獄されたものの、「明治維新」により赦されて藩の要職を歴任後、上京して官吏となる。ところが「勝ち組」薩長の出身ではないため、なかなか立身出世のチャンスがめぐって来ない。
 そのころ、政府にとっての急務は、無尽蔵の資源を有する北海道の開拓だった。明治二年(一八六九)七月には開拓庁を置き、維新により没落した士族を送り込んだが、高草密林が生い茂り、熊が出る危険もある奥地までは、なかなか足を踏み入れようとする者がない。
 そこで絶大な権力を持つ長州出身の内務卿伊藤博文は、囚人を送り込み強制的に開拓に従事させようと考える。士族反乱、自由民権運動など、政府に反旗を翻した「国事犯」が各地の集治監(刑務所)には溢れていた。国家に逆らった者の生命人権は、現代人の想像を絶するほど軽く扱われていたのだ。
 そのため伊藤は内務省権少書記官だった潔に、集治監設立場所調査のため、北海道に出張させた。明治十三年(一八八〇)四月のことである。数人の部下を引き連れた潔は海路、北海道に渡り各地を視察。その結果、候補地として、石狩川上流の肥沃な土地「スベツブト」を推薦する。政府は検討のすえ、ここに集治監を建設することを決める。
 建設工事は、明治十三年から十四年にかけて行われた。潔に引率された東京小管(こすげ)の集治監の終身囚三十九人が、これに従事させられた。 やがて原始林の中に、獄舎が完成する。
 土台はコンクリート、その上にトド松の丸太を積み重ねる、堅固な「丸太獄舎」だ。つづいて職員官舎九十四戸が設けられたのをはじめ、多くの人や物資がこの地に集まり、警察や郵便局、学校も出来て集落が形成されてゆく。三年後には、人口は二千人を超えた。

次のページ 月形潔にちなんでつけられた「月形町」