「読書で知的武装」するなんて実にくだらない!

「情報を仕入れるための読書」から、いい加減、卒業しよう!

ゲーテ、ニーチェ、アレント、小林秀雄、三島由紀夫……

偉人たちはどんな「本の読み方」をしていたのだろうか?

正しい「思考法」「価値判断」を身に付ける読書術とは?

哲学者・適菜収が初めて語る「大人の読書」のススメ。

KKベストセラーズ 定価:本体1300円+税 大好評発売中!

 

 

第22回

なぜ世界は不幸になったのか

 

 これだけ散々新聞の悪口を書いておいて言うのもなんですが、私は某新聞で匿名書評を約二年間、産経新聞でコラムを二年半連載したことがあります。

 産経新聞のほうは「賢者に学ぶ」というタイトルで、保守思想家の言葉を引用しながら、世相を語りました。

 そこで取り上げたのは、ショウペンハウエル、新渡戸稲造、ヴィーコ、ジョージ・オーウェル(一九〇三~五〇年)、プルタルコス、ヤスパース、岡潔(一九〇一~七八年)、三島由紀夫、マイケル・オークショット(一九〇一~九〇年)、福田恆存、ゲーテ、小林秀雄、西田幾多郎(一八七〇~一九四五年)、エドワード・ハレット・カー(一八九二~一九八二年)、アレント、ジョン・アクトン(一八三四~一九〇二年)、エドマンド・バーク、オルテガ、ニーチェ、キルケゴール、ギュスターヴ・ル・ボン(一八四一~一九三一年)、ウォルター・リップマン(一八八九~一九七四年)、福澤諭吉(一八三五~一九〇一年)、山本七平(一九二一~九一年)、シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー(一六八九~一七五五年)、ヴェーバー、開高健、ニッコロ・マキャベリ(一四六九~一五二七年)、トクヴィル、ポランニーといった人々です。

ジョージ・オーウェル (一九〇三〜五〇年) イギリスの作家、ジャーナリスト。 著書に『動物農場』『1984年』な ど。

 この連載を機に学生時代に読んだ本を読み返してみたのですが、忘れていたり、きちんと理解していなかったりした部分を発見できた。

 だから、書くのは大事です。

 昔からいわれていることですが、アウトプットする目的があれば、読書の集中力も高まる。

 試験前に学生が一生懸命勉強するのと同じです。

 内輪の飲み会で読んでいる本について話すのが目的でもいい。

 社交のための小噺です。

 私が尊敬する人は小噺ができる人です。

 人に会う前には小噺を用意しておくべきだということを、私は開高健に学びました。

 なお、真っ当な保守思想家について語ることにより、現在のわが国の「保守」政党、「保守」メディア、「保守」論壇、「保守」評論家のデタラメぶりが自ずから明らかになってきて、「さすがにこれはまずい」という判断があったのかどうかは知りませんが、産経の連載は終了してしまいました。

『ミシマの警告』という本にも書いたのですが、今、「保守」と呼ばれている人たちが急速に劣化しています。

 より正確にいえば、本来の保守はほとんど消滅し、保守でもなんでもない人たちが保守を偽装し、社会の一線で大きな声を上げている。

 本来の保守は「正解」というものを警戒したはずですが、今の「自称保守」は正義や正しい歴史を唱えて社会運動を始めています。

 福田恆存は「歴史にみとおしをもたないのが保守だ」と言いました。

 これは、歴史の背後に超越的な説明原理を打ち立てないということです。

福田恆存 (一九一二〜九四年) 評論家、翻訳家、劇作家。著書に『近 代の宿命』『人間・この劇的なるも の』など。

 歴史に「正解」があれば簡単です。

「正しい歴史」を暗記し、「間違った歴史」を唱える人間を罵倒すれば済む話だからです。

 ある事象に対し、一面的な答えを出す統一基準があれば、思考する必要もありません。

 しかし、こうした単純な思考の危険性が明らかになったのが、少なくともこの二〇〇年の歴史です。

 人間理性に懐疑的であるのが保守ですが、今は近代主義者が保守を名乗るようになってしまった。それで権力の暴走に対する批判も機能しなくなっている。

 このような状況下で正気を維持するためには、やはり古典を読むしかありません。

 言葉を正確に使う。

 その瞬間に、現在の狂気が浮かび上がります。

 

 〈第23回「古典とは新しい本のことである」につづく〉

 

著者略歴

適菜 収(てきな・おさむ)

1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『日本を救うC層の研究』(講談社)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)など著書多数。