10連休とはいかないまでも、それなりに休めた方も
多かったであろう、今年のゴールデンウィーク。
そんな連休の締めにふさわしい、とにかく安くて旨くて
リラックスした時間を堪能できる人気バルをご紹介しよう。

ヴェネツィアの大衆居酒屋を
料理の質と値段の両面で
忠実に再現した人気店

 新宿三丁目の地下2階。なかなか分かりにくい場所にあるのだが、店内はいつも満員で、客の会話とスタッフの声が入り混じり活気に満ちている。照明を程よく落とし、ショーケースにはヴェネツィア語で〝つまみ〞を意味するチケッティと生ハムの原木が並び、客はカウンターで好きな料理を注文する。その雰囲気はヴェネツィアの居酒屋、バーカロそのままだ。
 まず喉を潤すなら、オンブラと呼ばれるハウスワインを。グラスいっぱいに注いでくれて、赤白それぞれ250円と信じられない安さ。それに合わせてチケッティを2〜3品。イイダコのトマト煮だったり、キノコのソテーだったり、魚介のマリネだったりと、日によって替わる料理のなかから好きなものを選べばいい。こちらも、1品100〜250円。本場ヴェネツィアのバーカロを、雰囲気だけでなく値段でも再現したいという店の心意気を感じる値段設定。どんなに酒に強く、イタリア人ほど胃袋が強靭でも、3000円も払え
えば満足できるだろう。
 食事の前の待ち合わせに、食後にもう少し飲みたいという気分の時に…。こんな使い勝手のいい店を行きつけ店のリストに加えておけば重宝すること間違いなしだ。

店主のおすすめメニュー
自家製ミートコロッケ 150円
干しダラのペーストポレンタ添え 200円
パルマ産生ハム 200円
チケッティ各種 100円~
平均予算¥2,000(税込)

 

カウンターに並ぶチケッティ。写真はイイダコ、小エビ、キノコ、ホウレンソウなど人気メニューの盛り合わせ。
パルマ産生ハム200円は余計な熱が加わらないように手動スライサーで切る。スタッフがカウンター内でオーダーをキビキビと捌いていく様子も、実に心地よい。
イル・バーカロ
都営新宿線ほか新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿区新宿3-4-8 京王フレンテ新宿三丁目B2F
03-5269-8528
営11:30 ~ 15:30(14:30LO)、
 17:30 ~ 23:00(21:30LO)
 ※土・日曜、祝日は11:30 ~ 23:00(21:30LO)
無休

 

こちらのお店以外にもまだまだ行きたくなるお店がてんこ盛り!
詳しくはこちらの本で是非お確かめください。


誰にも教えたくない隠れ家的名店から、行列必至の超人気店まで!!
『大人の立ち食いグルメ 東京編 珠玉の名店100』
815円(税別) 小社刊