いま流行りの「糖質制限ダイエット」。糖質を含む食品にもさまざまな種類があるが、糖質ならどれを摂っても同じなのだろうか。「糖質制限」にまつわるソボクな疑問に、糖尿病専門医として37年のキャリアをもつ牧田善二氏にお答えいただいた。

◆白米と玄米、どっちがやせやすい!?
 一時期、糖尿病に効果があるとしてGI(Glycemic Index)が注目された。「精白されていない食品は血糖値が上がりにくい」という理論である。たとえば、白い食パンよりも全粒粉の黒っぽいパンが、白いうどんよりも黒っぽい蕎麦がいいというものだ。だから、糖質制限に関してもよく質問を受ける。

「白米より玄米を食べたほうがいいんでしょうか?」

日本人なら誰もが大好きな白いごはん。定食ならば、思わず大盛りを注文してしまう、という男性も多いのではないだろうか。
なんとなく「健康にいい」イメージのある玄米。最近では五穀米、八穀米など種類も多くヘルシー志向の人々から支持を得ている。

この質問に対する私の答えは決まっている。

「あなたが玄米を好きなら玄米を食べてください。白米のほうが好きだというなら白米を食べましょう」

 要するに、どちらを食べても大差ないということだ。もちろん、精米していない玄米には、ミネラルなどが白米よりも多く残っている。そういう意味では優れているかもしれない。しかし、どちらも炭水化物であり、最終的にすべてブドウ糖に分解されることには変わりはない。
 我が家の場合、妻は玄米が好きだが、私は苦手だ。もともと、炭水化物をあまりたくさん食べないようにしているわけだから、なおさら好きな白米を選ばなくてはつまらないと私は思っている。

◆黒砂糖は白い砂糖より体にいいのか

二糖類である砂糖は、血糖値を急激に上げ膵臓を疲弊させる。もちろん、砂糖が多く含まれる食品にも注意が必要だ。

 砂糖についても同じことが言える。黒砂糖は、精製された白い砂糖よりもミネラルを含んでいる。しかし、白砂糖同様、二糖類であることに違いはない。単糖類や砂糖などの二糖類は、過剰に摂取すると膵臓を弱らせ、糖尿病になりやすくなる、という危険性がある。
 そのほか、清涼飲料水によく使われているコーンシロップなどは、すべて砂糖と同様と考えてもらっていいだろう。

<『日本人の9割が誤解している糖質制限』より抜粋>