イラスト/フォトライブラリー

日本語の性語は、従来のみやびな言葉がカタカナ表記になり、さらに略語になるのが一般である。

尺八→フェラチオ→フェラ

連込み旅館→ラブホテル→ラブホ

などはその好例であろうか。カタカナの略語になると、猥褻感どころか、ほとんど記号ではあるまいか。これではとても欲情しない。もっと本来の日本語の猥褻感を大事にしたいものである。ところが、こんなカタカナ化、記号化の傾向のなかで、江戸の性語がいまも用いられている例がある。『素股(すまた)』である。感動ものと言おうか。

素股は女が潤滑用ローションをぬった太腿のあいだに陰茎をはさみ、抜き差しさせて、男にあたかも膣に挿入しているかのような感触をあたえる性技(セックスのテクニック)である。現代の風俗店では風俗嬢が本番(性交)を避けるために用いる、いわば疑似性交である。疑似性交とはいえ名人にかかると、男は本番以上の快感を得るという。

さて、この素股という呼称は江戸でも用いられていた。『今様三体志』(文政12年)に、つぎの例がある。

「好の井さんも素股を食わせてやんなんしたとサ」

吉原の好の井という遊女は、いやな客と交接したくないため、素股で誤魔化したというのである。だまされた男は気の毒と言おうか。それにしても男が気がつかなかったくらいだから、好の井の素股は絶妙だったに違いない。ともあれ、江戸に「素股」という言葉が定着していた証拠である。

『春色初音之六女』(歌川国貞、天保期)には、素股をしている男女の絵まである。女は浮世の義理があって男と性交はできないが、その情欲をかなえるため素股で応じたのだ。これが素股のいきさつだが、男の欲情を理解し、こたえる女の心情がうれしい。

なお、現在の素股は太腿の内側にローションをたらして湿潤と潤滑を実現する。江戸時代にはローションのような便利な物はなかったため、女がたっぷり唾液をたらして膣内の感覚を再現した。さて、どちらがよいか。男によっては、唾液のほうを好む者がいるかもしれない。