日本が中国の属国にさせられる日――日本人のだれもが恐れるこの未来図を真正面から取り上げ、迫りくる共産・中国の巨大な力に対してどう対処するかを考える。

 『日本が中国の属国にさせられる日』――なんという恐ろしい書名の本だろう。
 金融・経済評論家の副島隆彦氏が、このほどKKベストセラーズから出版した本のタイトルだ。
 副題に「迫り来る恐怖のシナリオ」とある。

金融・経済評論家の副島隆彦氏(撮影・赤城耕一)


 しかし、この本の34頁を読んで、読者はぶっ飛ぶだろう。そこには、なんと、こう書かれているのだ。

《この本の書名は、『日本が中国の属国にさせられる日』である。ところが、日本が中国の属国にさせられていく途中の細かな進行過程(ロードマップ)を書いてゆくことに私は失敗した。この本ではできなかった。そのうち書きますから、待っていてください。》

 どひゃー、である。著者自ら、堂々の失敗宣言をしているのである。
 では、272頁もあるこの本の残り240頁近いページに、一体この本は何を書いているのであろうか。
 それが問題なのだが、書かれているのは、せんじ詰めればわずかに2つ。

 ① 共産主義・社会主義がこれまで世界でいかにひどいことをしてきたか。
 ② しかし、共産主義・社会主義を憎み、嫌い、恐れた右派の人々には、ただ「反共主義」の信念しかない。それ以外、彼らの頭の中に何もない。

 ただ、この2つのことを延々と、これでもかこれでもか、というぐらいのしつこい筆致で繰り返している。共産主義・社会主義を恐れた側が犯した「弾圧」という名の、人民に対するおぞましい仕打ち・暴虐も余すところなく記述している。
 一体、この本はなんなんだ?
 この本は、一言で言ったら、稀代のエンターテイナーが、大舞台のステージに逆立ちして現れたのだと、思えばいい。
 逆立ちしたままステージに登場して来たエンターテイナーが、観客に向かってこう叫ぶ。
 「あれあれ、みなさん、なんでそんなところで逆立ちして座ってんですか? 頭に血が上りますよ。さあ、早く、早く、普通に足を床に下してくださいよ」
 一生懸命にそう叫ばれた観客は、最初はみんな笑って見ている。だが、そのうち、なんだか居心地が悪くなってくる。どう見ても、逆立ちしているのはエンターテイナーのほうなのだが、まじめにいつまでも叫ぶエンターテイナーを見ていると、なんだか、笑えなくなってくるのだ。本当は、逆立ちしているのは、自分のほうなのではないか。ふとそんな思いが頭をよぎる。
 本書は、かつて、『属国・日本論』(五月書房)で、「日本は米国の属国である」論を展開した著者が、いままた、「日本はこのままでは中国の属国になってしまいますよ、これでいいのか、悪いのか、自分の頭でよっく考えてみなさい」と語った本である。
 答えは一人ひとりの読者に委ねられいてる。
 だが、自分に都合のいいこと、自分の心に気持ちのいいことばかりを自分に言い訳として言って、自分を誤魔化したりしないで、自分の醜いところも、恥ずかしいところも全部さらけ出して、本気で自分の頭で考えてください、と迫ってくる。
 思想書にして、これだけアクロバティックなエンターテインメントを書ける著者の漫才芸に脱帽である。                   (終)