現在発売中の歴史人6月号「戦国最強合戦ランキング」を斜め読みで紹介!

武士たちがしのぎを削った戦国時代には、全国各地で無数の合戦が行われた。信長が一躍名を上げた桶狭間の戦い、徳川の天下を決定づけた関ヶ原の戦い。数多ある合戦のなかにあって、最も注目すべき一戦はどれなのか?最も印象的な名場面を選ぶとしたら? 合戦に関するあらゆるデータをランク付け、ナンバーワンを決めるランキング総特集!

決定!戦国の大合戦ランキング50

戦国研究の第一人者3名が数多ある合戦の中からベスト50の合戦を決定した。果たしてナンバーワンは!?ここでは11位~20位までを紹介しよう。

第11位 備中高松城の戦い
(秀吉と官兵衛という二人の天才が生み出した画期的な戦術と見事な采配が高評価となった)

第12位 小牧・長久手の戦い
(二人の天下人が激突。膨大な兵力もさることながら、後世への影響も無論大きい)

第13位 会津征討~長谷堂城の戦い
(家康が会津征討を通して、諸将の服従の意思を図ったという意味でも、後世への影響大)

第14位 第二次高城の戦い
(天下人秀吉の圧倒的な兵力が際立つ。秀長・官兵衛の堂々たる戦いぶりもさすが)

第15位 賤ヶ岳の戦い
(いわゆる「美濃返し」をふくめ、陣地戦で発揮された秀吉の采配力が高評価)

第16位 三方ヶ原の戦い
(武田軍の総力を動員した進言はもはや無敵。兵力、采配ともに文句なしの圧勝)

第17位 天王寺の戦い
(信長が決起盛んな若き日を思わせるリスキーな戦術を展開。兵器にも注目)

第18位 三木城の戦い
(過酷な籠城戦となった三木城攻めのなかで、秀吉は新しい城攻めの戦術を見出す)

第19位 第四次川中島の戦い
(謙信・信玄の両雄が大きな労力を費やしたという意味では、戦国史に大きな影響を残す)

第20位 鳥取城の戦い
(天才・秀吉が三木城攻めの教訓を生かした、洗練された城攻めを披露)

11位から20位までは上記のように10戦中5戦が天下人秀吉の合戦となった。トップ10と21位~50位までは誌面をご覧頂きたい。あなたの知っている合戦はいくつランクインしているでしょうか。

 

名将たちの「戦術・戦略」ベスト

「合戦の華」、武将の腕の見せ所と言えば、やはり勝利を引き寄せる見事な戦術や戦略。小よく大を制した大逆転劇、誰もが予想しえなかった奇襲作戦。名将たちが見せた采配ベスト10を発表。ここでは、8位~10位を紹介しよう。

第8位 河越夜戦 
北条氏康の武名を天下に轟かせた夜間の奇襲 

第9位 本能寺の変
天下人を葬った究極の奇襲戦

第10位 耳川の戦い
大友軍を壊滅させた島津軍の挟撃戦

見事1位に輝いた合戦はスピード、独創性、難易度。三拍子揃って高評価を得たあの合戦です。誌面でご確認ください。

 

戦国合戦なんでもランキング

数々の合戦を勝ち抜き、高い勝率を誇った武将は誰なのか? 戦国史上最大規模で起こった合戦は? 兵力差のあった戦い、決着するまで最も長引いた戦いや短期に終わった戦いは? 様々な観点で合戦をランク付け! ここでは、いくつかを厳選紹介しよう。

戦国大名の勝率ランキング

第8位 勝率6割5分8厘 武田信玄 82戦54勝6敗22引き分け

第9位 勝率6割4厘 徳川家康 177戦107勝37敗33引き分け

第10位 勝率5割9分2厘 上杉謙信 108戦64勝8敗36引き分け


敗者の戦死率が高かった野戦は?

第7位 三方ヶ原の戦い 徳川家康軍 死者数1000/8000人
 

兵力差の大きかった合戦は?

第10位 九頭竜川の戦い 朝倉軍2万余:加賀一向一揆20万
 

最も長引いた合戦は?

第6位 柳川城の戦い 10ヵ月

以上、今月の歴史人6月号「戦国最強合戦ランキング」を斜め読みでした。続きは是非、誌面で御覧ください。お買い求めはこちらから!
http://www.kk-bestsellers.com/magazine/history/index.htm