あなたが結婚できない(していない)本当の理由

自分がどんな目的で、どんなメリットのゆえに結婚しないという選択をしてきたのか。己のことに気づくことが大切です。

たとえば、「結婚をしたいけれども、できなくて困っている」方がよくカウンセリングに来られます。そういう方と多くお話をしていると、口では「結婚したい」と言っているけれども、知らず知らずのうちに、無意識に「結婚しない」、ことを選択しているのがわかります。「回避型」のライフスタイルを取っている人は、親密さやリスクをいつの間にか回避してしまうのです。

「結婚にはリスクが伴う。一回結婚してしまったら一生一緒にいなくてはいけないし、離婚はしたくない。そう思うととても怖くて結婚できない」。そんな思いから、結婚を無意識のうちに回避しているのです。そんな方がたくさんいます。

自分がどんな目的で、どんなメリットのゆえに結婚しないという選択をしてきたのか。己のことに気づくことが大切です。

 

自分でも知らないうちにある目的をもって選び取っているということに、気付かないうちは、人生を変えようがないからです。そのことに気付かないうちは、ただ漫然と「私は結婚したいのに、なぜできないのだろう」という不全感に苦しみ続けられることになります。

このような方は無意識のうちに「最大のリスクを避ける」という目的のために、結婚しない生き方を選択しているのです。

人生が無意識のうちにおこなっている自己選択にも、「目的」があるのです。

これをアドラーは「目的論」と言います。

全ての選択には目的があり、意味がある、というのが、アドラー心理学とフランクル心理学の共通している考えです。

次のページ なぜ、仕事でブレーキをかけてしまうのか