できることはやる。できないことはやらない。
しかしすべての責任はこの田中角栄が背負う。
以上! ──田中角栄

 田中角栄氏は1947年の初当選から1990年の政界引退までの43年間、衆議院議員を務めました。その間、内閣総理大臣だけでなく、郵政大臣、大蔵大臣、通商産業大臣と閣僚職も経験しています。
 それは1962年7月、第2次池田内閣で田中氏が大蔵大臣に就任したときのこと。官僚たちを前に発せられた就任スピーチで、田中氏は次のように語りました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 私が田中角栄だ。小学校高等科卒業である。諸君は日本中の秀才代表であり、財政金融の専門家ぞろいだ。私は素人だが、トゲの多い門松をたくさんくぐってきて、いささか仕事のコツを知っている。
 一緒に仕事をするには互いによく知り合うことが大切だ。われと思わん者は誰でも遠慮なく大臣室に来て欲しい。何でも言ってくれ。上司の許可を取る必要はない。できることはやる。できないことはやらない。しかしすべての責任はこの田中角栄が背負う。以上!
(向谷匡史『人は理では動かず情で動く』より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 官僚、それも大蔵省(現・財務省)のとなれば、みな東大法学部卒のスーパーエリートばかり。高等小学校卒が最終学歴で、もとは土建会社の社長という経歴の田中氏を値踏みするようなムードも強かったことでしょう。内心、バカにしていた官僚も少なくなかったはずです。いずれにせよ、田中氏が自分たちにどんなスピーチをするのか、官僚たちは興味しんしんだったはず。

田中角栄(写真/時事)

 そんな、官僚の興味関心がもっとも集まる瞬間に、田中氏は上記の挨拶をぶちかましたわけです。まずは自分を下げて、相手を上げておいてから、謙遜しつつ自分のできることを述べ、さらにすべての責任は自分が負うから何でも言ってくれ、と熱く語りかける。短時間で、内容も明瞭。圧倒され、心を鷲掴みにされる官僚たちの姿が目に浮かぶようです。田中氏は人心掌握の達人──要は“人たらし”だったことでも有名ですが、その一端がこの逸話からも見えてきます。

次のページ ポケットマネーで100万円を…