今夏7月の参議院選挙に合わせた衆参ダブル選挙に安倍自民党は踏み切るのか? 自民党の選挙戦略は「B層(※註)戦略」とも言われる。小泉の郵政選挙のときに広告マーケティング手法を用いた巧みな宣伝戦略が功を奏していたんじゃないかと話題になった。作家で哲学者の適菜収氏はそのやり方を『B層の研究』という本でも激しく批判。なんと、実は中川淳一郎氏はあの選挙戦略に舞台裏でかかわっていた——。対談第2回は「真っ当な喧嘩の仕方」からスタート!

※B層…マスコミ報道に流されやすい「比較的」IQ(知能指数)の低い人たち。2005年9月の郵政選挙の際に、自民党が広告会社に作成させた企画書「郵政民営化・合意形成コミュニケーション戦略(案)」に登場する概念。「構造改革に肯定的でかつIQが低い層」「具体的なことはよくわからないが小泉純一郎のキャラクターを指示する層」をB層と規定していた(参考文献:『日本をダメにしたB層の研究』)

中川「世の中なんてくだらない人間しかいないわけだから、別にそいつらから99%嫌われて、1%の超仲いいやつがいればよくないですか?」 適菜「そうですね。どうでもいい奴に嫌われるのは、別に構わないですね。」当世一言居士のふたりは言いたい放題。

 

真っ当な喧嘩の仕方とは?

中川 俺、藤井聡(ふじい さとし)さん(京都大学大学院教授。適菜収氏との共著『デモクラシーの毒』がある)と喧嘩したんですよ。

適菜 藤井さんと? 

中川 厳密に言うと、秘書と喧嘩したんですよ。

適菜 それはどういうことですか?

中川 俺がNEWSポストセブンという媒体をやっていて、石川和男さん(政策アナリスト、社会保障経済研究所代表)という大阪都構想に賛成の人の意見を載せたんですね。そしたら、藤井さんから反論を載せてくれと言われたので、「ぜひぜひ」と書いてもらった。その後、京大の秘書と喧嘩になった。

 一体何があったのかと思ったら、こいつが、藤井さんだけに宛てるべきメールをオレに対してもCCを入れて送ってきた。そのメールではまず、秘書が藤井さんに謝っている。そのうえで、「反論原稿を書く値もない、ということかと思い、メールを転送しておりませんでした。勝手に判断してしまい、申し訳ございません」とある。一体これは何なのか? 推測するに、この秘書は、オレが「こうやって書いてください」という「指示書」みたいなメールを藤井さんに転送しなかったのかもしれない。

 そして、藤井さんが「あの件はどうなったの?」と言ってきて「反論原稿を書く値もない」という返事をしたってことなんじゃないかな。勝手に上司の思いを忖度(そんたく)して、秘書の段階で止めていたってことだろう。小物がよくやりがちなバカ配慮ですわ。でも、オレとしては裏でオレらの媒体と石川さんの悪口をいくら言ってもいいけど、オレに宛てたメールで言われちゃ、そりゃ怒るぜって話になるわけです。

 だからこの秘書に電話して「おめぇんとこの先生の原稿なんて載せねぇよ。『書く値もない』メディアなんだろ? オレらはさ? 石川さんのことも貶(おとし)めたな」という話をしたらこいつ、「恫喝された!」なんて言ってくる。恫喝じゃねぇ。ビジネス上失礼なお前と縁を切っただけの話だバカ、ということでしかない。

次のページ 99%に嫌われても痛くも痒くもないから!