今や飛ぶ鳥を落とす勢いで坂道を駆け上り続ける、乃木坂46。
そんな彼女たちが、5月25日(水)に2ndアルバム『それぞれの椅子』を発売、
好調なセールスを記録しています。

そこで今回は、衛藤美彩、伊藤万理華、秋元真夏の3人が、
アルバムに収録されている楽曲を、さまざまな角度から徹底解説!

【後編】では、今回収録されている、11thシングル『命は美しい』から
14th『ハルジオンが咲く頃』までを時系列で振り返りながら、
アルバム全体の魅力についても徹底的に語り尽くしてもらいました!

3人のクロストークにもご注目ください!
それでは、どうぞ!

 

【前編はこちら!】

 

(左)伊藤万理華 1996年2月20日生まれ、 神奈川県出身。グループでの活動以外でも、デザイン専門月刊誌『MdN』で連載を持つなどアーティスティックな感性は内外で高い評価。<Type-D>収録「環状六号線」などに参加。
(中)衛藤美彩 1993年1月4日生まれ、大分県出身。「みさ先輩」と慕われる23歳。<Type-A><通常盤>収録「空気感」では、白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、松村沙友理とともにお姉さんグループでユニット曲を。
(右)秋元真夏 1993年8月20日生まれ、 埼玉県出身。趣味はお菓子作りという女子力の高さと、持ち前の明るさが魅力。<Type-D>収録「口約束」では、女子校出身者でユニットを結成し、初めての楽曲を披露している。

 

ーーさて【前編】では新曲と、前作『透明な色』には収録されていなかったカップリングの新録曲についてお訊きしてきました。【後編】ではさらにシングルのリード曲とそのカップリング曲を、シングルの発売順に時系列でお話を伺ってみたいと思います。…と、その前に、今回のアルバムの新曲の中でも、他のメンバーの参加曲で気になる曲というのを、教えていただきたいなと。

衛藤 そうですね…私は、『かき氷の片想い』が気になります。

伊藤 あ、あの曲はすごくかわいいですよね〜!

衛藤 2期生だけのユニット曲って今までになかったですし、実際に聴いてみたらすごくかわいらしい曲だったので、みんなのパフォーマンス曲込みでライブとかで早く観てみたいなって思いましたね。

ーー秋元さんはいかがですか?

秋元 私は…いくちゃん(生田絵梨花)の『低体温のキス』ですね!

衛藤 ああ~、ねえ。

伊藤 あれはすごいですよね。

秋元 人のギャップ自体が大好きなんですけど(笑)、それをダイレクトに感じる曲だなって思って。前作のソロ曲『あなたのために歌いたい』みたいに、ピアノを弾いているイメージの、乃木坂46の「清楚」の部分の象徴のようないくちゃんが、真逆のロックな…しかも普段出すことがないであろう低い声を出しているんですよ。歌詞も、いくちゃんが歌うタイプのものじゃないと思うんです…これは本人も言ってたんですけど(笑)。普段の彼女からはなかなか結びつかないような大人っぽい歌詞を、かっこ良く歌ってるところがすごい…。いくちゃんも振りきってやるタイプなので、その振り切り方が好きで…いっぱい聴きたいなって思いますね。

ーー『乃木坂工事中』でも生田さんのハジケっぷりは有名ですもんね(笑)。

衛藤 確かに、番組でGLAYさんの『誘惑』を歌ったときを思い出すよね。

伊藤 これこそライブとかで観たいですよね!

ーーギターとかかき鳴らしてもらいたいですね。伊藤さんはどうですか?

伊藤 気になる曲っていう意味では、『欲望のリインカーネーション』。

秋元 今回の1期生アンダーメンバーの曲だよね。

伊藤 大人っぽいメンバーや歌唱力が高いメンバーが集まってるんですよ。(川村)真洋や(中田)花奈、能條(愛未)…ひめたん(中元日芽香)も歌ってるし、歌がうまくてダンスできて。

衛藤 このメンバーがいればだいたい全部できちゃうね。

伊藤 そう。ちょっと声も低めの子が集まってるから、知らないで聴くと、乃木坂46とは想像がつかないぐらいの雰囲気も出ていて、逆にそれが新鮮でいいなって思ったんです。あとタイトルもいい感じに…雰囲気とマッチしてますよね。やっぱり大人数だと、乃木坂46の場合、ここまで大人っぽい表現ってどうしても出しにくいんですよね。でもこの人数に限定してやれば、こういう曲も乃木坂46で表現できるんだなって思うので…。もう、ライブでいっぱい歌ってるとこを想像するのが楽しみです、ハイ。

ーーありがとうございます。では、このあとは、今回収録されているシングル4曲のリード曲やカップリング曲を中心に、前作『透明な色』リリース後から本作に至るまでの、乃木坂46の約1年半を振り返っていただきたいと思います!

 

 

次のページ 11thシングル『命は美しい』を語る!