入社や異動などで、仕事の環境が変わる春は不倫が始まりやすい季節なのだとか。 そこで、不倫にまつわる素朴な疑問について、アディーレ法律事務所に聞いてみました。
 

Q1
夫が見知らぬ人とラブホテルに入っていく姿を見てしまいました…。帰ってきてから問い詰めると、相手は男の人だそう……。これって不倫になるのでしょうか? 

「不倫とは、デジタル大辞泉によれば、『道徳にはずれること。特に、男女関係で、人の道に背くこと。また、そのさま』というふうに言われています。
しかし、法律上では不倫は『不貞行為』と呼ばれています。不貞行為とは、配偶者の一方が配偶者以外の“異性”と性的関係を結ぶこととされ、比較的限定して考えられています。
 判例では、同性愛=不貞行為とはっきり判断したものはありませんが、夫が男性と肉体関係を持ったとしても、不倫と言うかは別にして、裁判所の伝統的な考え方からすると、不貞行為にはあたらない、ということになります。」(アディーレ法律事務所・正木裕美弁護士)

Q2
旦那が同性愛に目覚めてしまったとカミングアウトしてきた。女の私を恋愛対象としては見られないが、離婚はしたくないとのこと。でも、私としては、正直離婚したい……。

「民法770条1項では、次の5つの離婚原因が定められています。

(1)不貞行為:配偶者以外の異性と自由な意思で性的関係を持つこと
(2)悪意の遺棄:正当な理由なく,他方の配偶者との同居を拒む,結婚生活の維持に協力しない,他方配偶者と同一程度の生活を保障しないこと
(3)3年以上の生死不明
(4)配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
(5)その他婚姻を継続しがたい重大な事由がある:結婚生活が継続を期待できないほど深刻に破綻したこと

 夫の同性愛に関係して問題になるのは(1)か(5)ですが、(1)の不貞行為は異性愛が対象のため該当しません。
 しかし、(5)その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるということで離婚が認められることがあります。ただ、同性愛でショックというだけで直ちに離婚が認められるわけではありません。裁判例でも、夫が男性と性的関係を繰り返していたケースで、婚姻を継続しがたい重大な事由があるとしして離婚が認められたものがあります。夫は同性愛を隠して結婚したわけではなさそうですが、夫が同性愛に目覚めたことで、夫婦関係に溝が入り、夫婦関係の改善ができないほど破綻してしまったとすれば、離婚が認められる可能性はあるでしょう」(同)

Q3
気付かれないと思っていたが、妻に不倫がバレた!まず、した方がいいことは?

「不倫が発覚してしまった以上、まずは深く傷つけてしまったパートナーの気持ちを考え、誠心誠意謝罪することが何より大切です。しかし、夫婦の溝が埋まらず、妻が離婚すると譲らないときは、離婚に応じてもよいのかじっくり考えてみましょう。
 仮に離婚に応じるとしても、例えば、離婚原因を作った夫が妻に払う慰謝料の額や支払方法、結婚生活で築いた共有財産をどう分与するか(財産分与)、子どもの親権や監護権をどちらかもつか、養育費、面接交渉の内容、婚姻費用の清算、年金分割、離婚後の氏など、色々具体的な話し合いが必要な事柄はたくさんありますし、あとでモメないよう離婚協議書を作っておくことも必要です。
 また、離婚は子どもにもとても辛い経験ですから、夫婦ともに子どもへの配慮を怠らないようにしましょう。
 ただ、離婚のときは感情の対立が激しく、夫婦だけでの話し合いが難しいこともありますし、離婚条件をどうするべきかわからないときなどは、弁護士を立てての交渉や、裁判所の調停等を使って第三者を入れての話し合うことも一つの手ですね。」(同)

【お話をうかがった方】

 

正木裕美(まさきひろみ)弁護士
愛知県出身。愛知県弁護士会所属。
男女トラブルをはじめ、ストーカー被害や薬物問題、ネット犯罪などの刑事事件、労働トラブルなどを得意分野として多く扱う。
身内の医療過誤から弁護士の道へと進む。2012年には衆議院選挙に愛知7区より日本未来の党の公認候補として出馬し、「衆院選候補者ナンバーワン美女」とインターネットや夕刊紙で大きな話題を呼んだ。
『女性のためのトラブル解決 愛とお金と人生の法律相談』(プレジデント社)より発売中。
『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBC/TBS)のレギュラーコメンテーターをはじめ、多数のメディア番組に出演中。