「感情を揺さぶる30問30答。」第五回は、蛭子能収さん! 漫画家・タレント・俳優(6月には主演映画も公開)として活躍を続ける蛭子さん。自由奔放な発言に隠された、仕事や家庭に対するこだわり、哲学を聞いていきます。

Q7.今でも、タレントを続けられる秘訣とは?

テレビというのは正直な事を言うのはむずかしいですよね

 

 自分はちゃんと使われている身だというのを把握して、ディレクターなりプロデューサーさんの言う通りに動くということだと思います。余計にでしゃばったりしない、ということ。漫画とかやったら自分の考えで書くじゃないですか。
   だけどもテレビとかは自分の考え通りにはいかないんですよね。自分の台本じゃないから。

 「よく使われるね」「長く活躍されてますね」とか言われたりするんですけど、ディレクターとかプロデューサーが使いやすいんだと思います。特に提案もしないし、言われたとおりにやるので(笑)。
   中には中居正広さんみたいに、自分から積極的に台本にないこと喋ったりしてウケる人もいますけれど、あれは相当の才能がいると思います。
   俺はそっちの方の才能がないので、使われるままの方がいいのかなと。

   でも自分がタレントとして食べれてるというのは若い時は考えられなかったですね。
   なるべく自分の思ったことを正直に言いたいんですけど、やっぱりテレビというのは、すべてを正直に言うのはむずかしいですよね。
   嘘を言うというのはすごく嫌なんですけど、「嘘も方便」というくらいで、僕の場合には嘘を言っていた方がいいのかなというのも時にはありますね。やっぱり正直に言って、女房にすごく怒られたことも何回かありますので。「正直に自分の持ち金を言うな」とか(笑)。
   やっぱり色々波紋が起きたりするので。

   この先もし仕事が減ってきたら、自分はもうダメになったんだなというのを把握して、静かに消えていけばいいんじゃないですかね。
   もともとタレント志望でもないですから。
 「芸風を変える」とかそういうタイプじゃないですよ。
  漫画とかイラストの仕事もありますので、そっちのほうに移行すればいいんじゃないですかね。

明日の第八回の質問は『ブラック発言のイメージが強いが、困ることはない?』です。