2013年、第62回式年遷宮が行われ、参詣者は900万人に上る伊勢神宮。まさに、現代人の聖地だ。

 今日、皇祖神「天照大神」を祀る伊勢神宮は、古代から変わることなく受け継がれてきた聖域というイメージで語られることが多いが、しかし、不変的に聖地として崇(あが)められてきたわけではなかった。

 本書では、「聖地の変容」をキーワードに、伊勢神宮の歴史について、国内外の一線級の研究者16人がまとめた論考を、『一個人』7月号(6月10日発売)でも監修を務める国際日本文化研究センターのジョン・ブリ-ン教授が集約した。

 我々が思い描いていた聖地・伊勢神宮のイメージが、大きく覆る可能性がある1冊。日本の歴史と共に変容した伊勢神宮の姿を垣間見るかもしれない。

 

 『変容する聖地 伊勢』ジョン・ブリーン/編
思文閣出版/刊 2800円(税別) 発売中